救済モード?

昨日いろいろ検証した結果、スプラトゥーンのマッチング法則に
「ナワバリで10キルまたは塗り1000ポイントを超える試合を
連続で繰り返し続けると、勝ち負けに関係なく、
味方が凄まじく弱いマッチングに放り込まれ続ける」

という現象を確認。
恐らく連敗を繰り返す弱小プレイヤーに、試合を有利にする程度の強さの
プレイヤーを組ませて救済する…という仕組みになっているっぽい。

以前はそんなこと無かったので、恐らくごく最近マッチングサーバ側の
修正で実装されたっぽいけど、意図的に1274p、1169p…のように
1000pオーバーの試合を連続で繰り返したところ、
唐突に↓の動画のようなマッチングに放り込まれますた。


Download: test222.mp4 (右クリックして保存)
(開始11秒で味方が1名回線切断で消滅)

ちなみにこの状況になると味方がやたら低速回線でラグったり、
回線切断で居なくなる率も激増。
(ひどい時は3試合連続で味方が居なくなるなんてこともザラ)。
「回線切断=負け。連続回線切断=連敗=弱小プレイヤー」
なんてアルゴリズムになっている可能性もありそう。

味方が弱すぎてストレスが溜まる人は、ゾンビもみじ装備のように
キルもポイントも取りづらい装備で何試合かやってマッチングを
誘導してみても良いかもねぇ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です