Crypto-XトークンAirDrop

実はコレまたリブート案件だったりするわけですが

1.CryptoWorldX Token(CWXT)というコインが開発チーム逃亡によりデッド
2.新チームがマスターノード対応で復活を宣言
3.多くの人が飛びついて価格が高騰
4.実は逃げた開発チームが膨大な量のコインを保有していることが判明
5.新チームがERC20イーサリアムベースにスワップを発表
6.そのゴタゴタで市場が冷えて元のCWXTコインが暴落
…という波瀾過ぎる経緯を経てやっと新トークンCrypto-Xとして復活したわけですが、
ようやく新トークンが軌道に乗ったらしく、合わせてAirDropも開始されました。

ひとりあたり50CWXが配布され、先着10,000名限定とのことです。
>>AirDrop申請はコチラ(毎度のアフィリンク)

AirDrop希望者は公式サイト右上のAirDropのリンクをクリックし、
Apply for this initial AIRDROPからGoogleフォームに必要事項を記入して
申請すればOKです。

Crypto-Xの詳細については下記の日本語版ホワイトペーパーをご参照ください。
>>CWX-WhitePaper-Japanese.pdf

それにしても、ERC20ベースでMasternode2.0実装ってどうやるんだろう…?(・ω・;)

次の注目株はPWR coin (YoBit)

PWR coin
“Knowledge is PWR!”

というわけで懲りもせず再びリブート系に手を出しました。
情報の前に……購入は自己責任で! 利確はしっかりと!!

情報元 Bitcointalk
[ANN] PWR coin | Re-branding | New Dev Team | An Old Coin Is Getting A New Life

取引所 YoBit.Net : PowerCoin(PWR) Exchange / DOGE
※記事公開時1PWR = 0.00122DOGE = 0.000000000573BTC

PWRといえば、YoBitにかつて存在した無料コイン配布コーナー(Free)で
「やたら大量に貰えるゴミコイン」の代名詞でしたが、
何故かSr.MemberのDisasterFasterがこれの復活を狙っているようです。

DisasterFaster曰く
1.PWRはバグで制御不能になったうえ誰も直さなかった。
2.しかし新しい開発チームがこれを復活させた。
3.さらにこのチームは凄腕で実績もあるよ!
4.このアナウンスはPWRを新たなブランドとして蘇らせるのが目的!
といった感じ。

XSTCと違ってアナウンス前から既にかなり改善が進んでおり、
新ドメインの確保やgithubの設定、さらにPWRのバグ修正の真っ只中(らしい)。
というかちょっと前からいきなり大量に買われた形跡があったし、
絶対にコレ事前に周りに情報リークしてただろ…(‘A`)

それはさておき、近々公式ツイッターやDiscordチャンネルも出てくるらしいので、
今のうちに仕掛けておくのはアリかもね。
でも、今の荒れ狂う仮想通貨市場でムチャは禁物!です。

ちなみに例えリブート(リブランド)に成功したとしても、
発行枚数が超多く、価値も超低いです。
一時期前に流行った1000倍狙いは多分ムリです。

PWRを買おうと思った方は、
自分が出しても良いと思う金額を10で割って、
さらにそれを3で割った金額だけ買いましょう。
その金額が
「マイナスで終わった時に逆転を狙おうと思わないしきい値」
です。

>>そしてYoBitのアカウントを持って無い人はコチラから登録を(毎度のアフィ)
YoBitはLTC(ライトコイン)の送金が比較的早いので入金にオススメです。

~追記(DisasterFasterに話しかけてみた)~

ちょっと新PWRcoinの公式サイトのセキュリティ設定で気になる点が
あったのでDisasterFasterで話しかけてみたところ
「実はそれ気づいてるんだけど、単純に君の言う設定をすると
 XXXって問題が起こるんだよ。俺いくつもサーバ運営してるけど、
 XXXで解決できるんだよ!」(念のため伏せ字)
と逆にこちらが教えられました(・ω・;)

CryptoKami登録してみた

>CryptoKami – Decentralized Reserve System

第3世代ブロックチェーンを用いたグローバル金融システム
…で、名前がクリプト紙ってどういうコトなのだろう?(・ω・)
それはともかくとして、とりあえずアカウント登録で
10KAMIと50KAMIsが発行されたので簡易AirDropっぽい。

ちなみにホワイトペーパーを開いてみたところ、
このプロジェクトの実行者は↓この方みたい。
Medium : Hiroshi Kobayashi

イーサリアムに似ているものの金融分野の第三者の利用のみに特化し、
独自のブロックチェーンとして動いているとのこと。

ちょっと注視しておこう。

~追記~
Bitcointalk [BOUNTY] CRYPTOKAMI – DECENTRALIZED RESERVE SYSTEM
各種報償プログラムも用意されていたのでKAMIを集めたい人は上記も登録するが吉です。

BLOCKSIMS ICO参加

※ICO参加の前に必ず下記記事を読んでください。
>>2018.1.3 仮想通貨「詐欺」の手口

・・

あらかじめ言っておきますがICOは詐欺率むっちゃ高いです。
本気で頑張ってるプロジェクトだとしても成功しないコトも多いです。
下手すると金をドブに捨てるどころか犯罪組織の資金源になる場合もあります

・・

と脅したところで本題へ。
今回ウチが参加したのが『BLOCKSIMS』です。

BLOCKSIMS公式サイト

ホワイトペーパーをざっくりと読んだ感じ、コンセプトとしては…

BLOCKSIMSは、今後数十年間に発生するであろう既存の
モバイルデータ通信回線における問題を
ブロックチェーンにより
解決することを目的としたプロジェクトです。
また、BLOCKSIMカードは通信回線利用料を広告費でまかなうことで
通信費を無料化し、
SIMカード保有者に年間最大100ドルの報酬を与える……
って、目標デカすぎじゃないですかね!?

しかもスマートコントラクトに対応し、各国との通信事業者の提携および
シンガポールと中国以外のほとんどの国で使えるようにするような
コトまで書いてあります。

いやはや、夢は大きく果てしなく…どうやってこれを実現するのか
なかなか興味深いところではあります。

(提携パートナーについて)

PARTNER項目を見るとNTTドコモの名前があり「マジかよ…」と思っていたら
ツイッターで実際にNTTドコモに対して提携が本当か質問している方がいました。
ちなみにBLOCKSIMSのCEO Shehar Yarにこの提携が本当なのか質問したところ
「列挙しているパートナー全てと相互接続契約を締結済みです。
つまり日本だけでなく他の各国でもBLOCKSIMSによる通信が可能です」

と回答がありました。

2018.1.31追記
ドコモのサポートセンターは「提携の事実は把握していない」とのこと。
その旨をCEO Shahar Yarに確認したところ
「日本国内においてはメインキャリア(DoCoMo)とのダイレクトパートナーシップ契約は
行っておらず、MVNO回線を借りて運用する方針です。
間接的に(DoCoMo回線を)利用します」
とのこと。

…信じるかどうか自分で決めましょう。


そしてBLOCKSIMSは2月15日から正式ICOがスタートしますが、
既に今現在「最低500ドル以上の出資を行った1000人限定」
1SIMあたり0.01USD(つまり最低50000SIM以上の購入が必要)での
プレセールを行っています。

500ドル出資ごとに50000SIMトークンを発行し、さらに無料データ通信が
可能なSIMカードを1枚提供&SIMトークンをマイニングする権利も
付与されているらしいです。
ウチの場合は1000ドル出資したので無料通信SIMカード2枚とのこと。
(CEO Shehar Yarにテレグラムで確認しました)。

「マジで本物だったら大化けする超大穴株、詐欺だったら500ドル持ち逃げドロン」

さて、あなたは挑みますか?

>>BLOCKSIMSトークンセール参加はコチラから

~追伸~

ICOに挑もうと思ったとしても「BLOCKSIMSは購入の仕方が地味に難しい」です。

1.サインアップしたら右上のMy Walletをクリックし、
WALLET INFORMATIONのYour Ethereum Wallet Addressに
自分のメイン利用中のERC20対応ETHアドレスを入力してUpdate。

2.Your SIM Wallet Addressの下のGenerateでSIMウォレットアドレスを生成。

3.右上のアカウント名をクリックしTOKEN SALEを
[I AGREE WITH THESE STATEMENTS]で承諾。

4.CALCLATORで最低50000以上を入力しSELECT WALLETから
支払い方法を選択してNEXT(ウチはETHしか試してません)。

5.Confirmで飛んだ先に表示された入金先に送金し、最下部のTXID欄に
ブロックエクスプローラの送金情報を入力して送信。

これで40-60分後に残高が増加すれば成功。
もしも届かない時はTelegramにJoinして
“Shehar Yar”というメガネをかけたおじさんに話しかけて
対処してもらってください。

※このおじさんが前述のCEOです。

アフィコインのアフィ

AffiliateCoin : Blockchain Affiliate Marketing
とりあえずアカウント登録でコイン25枚もらえるので申請してみた。
ホワイトペーパーをざっくり流し読みした感じ「アフィ報酬用(まんま)」。
名前はアフィリエイトコインだけど、これ普通にERC20トークンやね(・ω・)

1ETH=9,000AFLのレートでICOをやっているようだけどこの記事執筆時点では申し込みゼロ。
どうしてそんなコトになっているのかというと
ログインした状態だとICO購入ページに行けないから
だね!!!!

開発チーム、いつになったらその致命的なミスに気づくんだろう…

XSTCの状況について

本日、Slack内にてXSTCプロジェクトについての信頼性をリブート主の
Proweに質問したmegaman氏がキック(slack垢BAN)されました。
それと同時にプロジェクトの信頼性は失墜、大量の売りが発生しています。

私はXSTC107万枚を抱えたまま沈みますが、Slackを見ていない方は
状況を判断して進退を決めてください。

~追記~
過去記事だけを読んでXSTC購入に突っ込む人が居る可能性があるため
一時的にXSTC関連の紹介記事を非公開設定にしました。
「もしも本当に開発が進んだ時」は再公開します。

テレグラムベースコインVictra


VICTRA (VIC) 1st Telegram Based Cryptocurrency

一般的なAirDropは
1.公式ツイッターをフォロー&ピン記事をリツイート
2.テレグラムへの参加
3.Twiterとテレグラムアカウントとウォレットアドレスをフォーム登録

というパターンが多いですが、Victraは上記URLからBotとトークを開始し
Startクリック(/startを発言)でAirDropが完了し即座にコインを取得できる…
というなかなか面白いエンジンになってました。

また /referral でアリフィエイト用リンクを発行でき、
このURLを経由して誰かが登録されるとコインが増える…
という紹介方式によるコイン増加が通貨発行の主となっているようです。
(理論上、電話番号の数以上にコインが生まれないような…)
また、テレグラムチャンネルVIC JEOPARDY!ではVictraの利用者同士の交流が
行われており /pay コマンドでの支払いテストなどもやってるみたいです。

収益モデルが全く確率してなさそうなので実験用コインとは思いますが、
テレグラム活用アイデアとして面白いと思った方は登録してみませう(・ω・)

かつて失敗したプロジェクトをもう1度

フォロワー数がここ数週間で激増している今なら行けるか…

ウチは趣味でなろう作家をやっておりますが、
その中でリリースしている下記タイトル…

小説家になろう : もしもこの世界のすべての猫が転生組だったなら(塩谷米輔の場合)

の「もしもこの世界のすべての猫が転成組だったなら(***の場合)」という
タイトルを使った作品を募集しております(***には名前などを入れる)。
条件はタイトル通り転生モノで全ての猫が転生者であることが条件で、
それ以外は短編でも連載でもどちらでもOK。

そして条件を満たした作品を投稿したなろう作家
先着10名にLemanumコインを1万枚(1万枚×10名)を贈呈します。

Bitcointalk : [ANN]Lemanum[ANN] LMN — New pos/pow Cryptocurrency

southXchange : 取引所LMN/BTC

今のBTC価格だと1,300円程度ではあるものの、BTC価格の高騰や
LMN上場による価格上昇は期待されているので、花が咲けばいいな~…くらい。
総発行枚数は6千975億枚なので奇跡がおこれば数十倍高騰のチャンスもあり。

そして2018年2月6日にPOSが開始され、ウォレットに保有するだけで
残高が増加する機能が有効になりました。
なろう作家で草POSコイナーな方は、是非是非チャレンジしてくださいませ。
&作品が出来た方はツイッターで報告ください。

あ、ついでにウチの猫転生の感想も貰えると嬉しいです。
(ついでについでになろうのアカウント登録とブックマークと最終回で点数評価も!)

~ 追記(チャレンジャー現れました) ~

作者名:まはご
タイトル:もしもこの世界のすべての猫が転生組だったなら(征矢 輝幸の場合)

作者名:lupi1412
タイトル:もしもこの世界のすべての猫が転生組だったなら(ジローの場合)

作者名:鳩新
タイトル:もしもこの世界のすべての猫が転生組だったなら(鈴木健の場合)

残り7枠(70,000LMN)です。

XSTCでPOSにチャレンジ

XSTCはPoS(Proof-of-Stake)により、ウォレットにコインを入れておくだけで増加します。

1月18日23時59分に約100万XSTCをWindows用ウォレットに入れたままPOSテストを行い
1月19日13時33分に386.852XSTCをステークしたため、1日あたり約700枚、
年間ROI25%に達する高レートのPoSコイン可能性があります。
※その後22%程度で安定しています。

・・

ツイッターではいくつか注意点を列挙しましたが改めて…

1.セルフGOXに気をつけてください
この作業でCoinExchangeとローカルウォレット間のやり取りが発生します。
アドレスコピペミス、ネットワークトラブル、プログラムの不具合、同期ミスなどなど
想定外の出来事により全コインを失うリスクを伴います。
少量で相互交換テストを行った後、天に祈りながらチャレンジしてください。

また、開発チームのメッセージを注視しておいてください。
もしも「旧ウォレットはブロックxxxxから使えなくなるよ!」みたいなアナウンスや
新ノードにスワップが発生した時に、それを見逃して全コインを失うリスクがあります。

2.ウォレットの同期完了前に絶対送らないでください
公式がわざわざ警告してくれているので、コインを消失する可能性が高そうです。
ウォレットの設定方法は後述します。よく分からないまま送るのは止めましょう。

3.万一の時に逃げ遅れるリスクを伴います
草コインは突然価値が大暴落を起こすことがあります。
取引所にコインを入れているのであれば即座に売り逃げて助かりますが、
ウォレットに入れている人は、送金のタイムラグでほぼ確実に逃げ遅れます。

4.一度ステークの楽しさを覚えると沼にハマります
さてそろそろ利確するか…と、ウォレットから取引所にコインを送金しようと思っても
何故かものすごく嫌な気分になったりします。
どうにかそれを振り切って取引所に半分送ると、コインの増加量が一気に落ちます。
それに耐えられない(私のような)心の弱い人は高値で買い戻したりします。
なので最悪コインと共に死ぬ危険性があります。

~ ここまで読んでチャレンジしたいと覚悟を決めた方へ ~

ではウォレットの設定方法を。

1.公式サイトの右下からWindowsウォレットをダウンロードして展開&実行しましょう。
Linuxウォレットは…触れる人はこの記事見なくてもできるでしょう。

2.プログラムsafetradecoin-qt.exeを実行したらすぐに終了し、
Winキー+Rを押して下記コマンドを実行(コピペでok)

notepad %appdata%\Safetradecoin\safetradecoin.conf

3.メモ帳が開いたら下記の内容をaddnode末端までコピペして保存。

listen=1
server=1
rpcuser=varioususer
rpcpassword=variouspass
rpcallowip=127.0.0.1
rpcport=9278
port=9277
addnode=27.83.163.154
addnode=27.134.244.15
addnode=45.63.68.102
addnode=121.2.202.9
addnode=81.204.170.24
addnode=2409:250:3c20:3d00:cc4f:90f1:4ff2:e510
addnode=60.101.121.197
addnode=240b:11:4a0:8d00:1488:c4f9:27ae:718d
addnode=2400:4125:9a38:fc00:0:39ae:9583:aadc
addnode=119.240.11.154
addnode=219.75.221.125
addnode=153.207.17.220
addnode=104.251.218.157
addnode=240f:84:605a:1:589a:8121:c47:8ce5
addnode=23.92.61.107
addnode=114.22.7.208
addnode=2404:7a86:7080:b00:6843:8e72:c5ec:bf4
addnode=106.185.123.75
addnode=240f:50:4f21:1:5535:92c4:3197:6fcc
addnode=240f:36:9d63:1:a052:e03a:f507:7e38
addnode=153.178.253.131
addnode=210.153.167.11
addnode=122.133.247.246
addnode=2404:7a82:8040:4700:8869:8ede:8285:f019
addnode=69.21.246.155
addnode=118.240.100.199
addnode=119.239.182.201
addnode=131.147.85.86
addnode=2001:19f0:5c01:81c:5400:1ff:fe54:eefb
addnode=218.222.158.174
addnode=2601:741:100:f224:1882:ec82:5ff6:915d
addnode=73.180.69.248
addnode=131.147.130.194
addnode=240d:1a:546:c000:d87:23d5:712b:ec18
addnode=58.189.166.185
addnode=110.67.72.29
addnode=42.150.93.114
addnode=117.109.5.242
addnode=2001:0:5ef5:79fb:3c5f:1cda:518f:cbe7
addnode=124.159.242.241
addnode=174.112.52.24
addnode=188.35.131.157
addnode=110.5.33.154
addnode=114.186.49.245
addnode=118.240.131.9
addnode=240d:1a:1af:a200:d950:abe6:259:59e
addnode=58.5.119.192
addnode=118.105.43.249
addnode=122.22.236.224
addnode=2a02:a441:dc6e:1:45eb:c69b:11ec:dd44
addnode=203.88.185.77
addnode=82.16.192.212
addnode=111.239.76.101
addnode=139.20.162.102
addnode=115.69.237.70
addnode=221.189.91.74
addnode=65.112.8.78
addnode=240d:1a:546:c000:8c5:9fde:a49:1d65
addnode=182.169.184.99

4.再びsafetradecoin-qt.exeを実行し、とにかく同期が完了するまで待つ!
画面から未同期の警告メッセージが消えても余裕をもって待つ!
ウォレットの「ヘルプ」「デバッグウインドウ」を開いて

getinfo

コマンドで表示された一覧のblocksの数字がずっと同じorしばらくして1しか
増えなかったら同期完了です。

5.ファイル→ウォレットのバックアップでファイル名を wallet.dat として保存し、
無くさないよう、消さないよう、漏洩しないよう、大事に保存してください。

6.「コインを受け取る」でアドレス文字列を右クリック→アドレスをコピー。
このアドレスに対して取引所から送金してください。
(CoinExchangeの場合は送金後にメール認証があります)。

無事に着金したら、後はひたすら待ちましょう。

100万枚で1回目のステークに13時間以上かかったのですから、
それより少ないと、さらに待ち時間は長くなります(今は競争相手も増えてますし)。
ちなみに100枚しか入れなかった場合、推定ステーク周期は5年に1回です。

ではPOS沼に突っ込んでしまった皆様、今後ともヨロシク。

まだ不確定ですが

今日、銀行からコインエクスチェンジに入金してサイダーを買おうとしている人は
踏みとどまったほうが良いかも。
夜中の値動き、フォーブスの紹介、公開されないホワイトペーパーなどなど
ちょっと不信感が出てきたので今、調べてます。

ちなみに開発チームからの回答はありません。

追記

今から少しずつ売ります。XVGと同じ裏切りをまたやられるとは…


追記2

テレグラムに再び公式アカウントが現れて再び祭りでフィーバーが継続していますが、
私は間もなく全サイダーを手放して縁を切ります。
(夕方頃から少量ずつ売却を繰り返し、手持ちは10万枚を切っています)

かつて私は初めての草コインマイニングにXVGを選び、ひたすら掘りまくっておりました。
当時XVGは公式にウェブウォレットを運用しており、多くのユーザがそれを利用して
マイニングしたコインを蓄積していましたが、ある日ウェブウォレット上で一切告知することなく
XVGはウェブウォレットのサーバを停止し、一切アクセスできないようにしました。

当然多くのマイナーが困惑してXVGの運営に対してクレームを入れたわけですが、
私は運良く「何枚ロストしたんだい?」という返事だけは返ってきました。
そして枚数を伝えた後、そのまま二度とXVG側からの返答はありませんでした。

今回のサイダーのケースはそれに近いと思ってください。
きっとこの後もpumpで吹き上がったり勝った負けたを繰り返すと思いますが、
後悔せぬよう、自らの責任で進退を判断してください。

…まあ、どちらに転んでも後悔して再び別の草に挑んでしまうのが
草コイナーのサガなんですけどね。