VPSでPIEXマスターノードを立てる

※2017/11/29現在、PiEXコインはSocial SENDへ移行したため
 既にマスターノードを立てる利点は一切ありません。
 早急にSocialSENDコインへの交換を推奨します。

2chで「mn君」とか呼ばれ始めたのでそろそろ自粛しようと思う今日この頃。
とりあえずPIEXマスターノードを立ててみます。
使用VPSは毎度の「月7ドルでSSD30GB+メモリ6GBなvpsdime」です。

※まだ旧PIEコインをPIEXコインに交換していない方はコチラ

PIECoin公式サイト

Bitcointalk :
[ANN][POS] PieX Coin | Masternodes | Social Sending | Community | Staking | PIE

Discord : PIECoin

Linuxコンソール版ウォレットを入手
MEGA : piexd-linuxd-cli-tx.zip

~手順~

とりあえずディレクトリを作成する。
mkdir ~/piex
cd ~/piex

上記ディレクトリにSFTPなどでウォレットpiex-cli、piex-tx、piexdを転送して
適切なパーミッションを設定して実行可能にしてください。

プログラムをダミー実行し即終了させる。
./piexd -daemon

※この段階でerror while loading shared libraries: libzmq.so.3が出た場合は、
apt-get install libzmq3
でlibzmq3を導入しておく

nanoでconfを修正する。
nano ~/.piex/piex.conf

内容は下記3行
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
rpcallowip=127.0.0.1

プログラムを再び実行
./piexd -daemon

ブロック同期完了まで待つ
watch ./piex-cli getinfo

マスターノード用ウォレットアドレス作成。
ここにピッタリ25000PIEXを送金する。
./piex-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マスターノード用privkey生成
./piex-cli masternode genkey
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

プログラム停止
./piex-cli stop

nanoで再び修正
nano ~/.piex/piex.conf

内容は下記の通り
staking=1
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
rpcallowip=127.0.0.1
listen=1
server=1
daemon=1
logtimestamps=1
maxconnections=256
masternode=1
externalip=VPSのIPアドレス
bind=127.0.0.1
masternodeaddr=127.0.0.1:53472
masternodeprivkey=マスターノードprivkey

再びプログラム実行
~/piex/piexd -daemon

マスターノード開始
~/piex/piex-cli masternode start
Masternode successfully started

しかし、上記設定では一晩経ってもステークが始まらなかったため、
一度マスターノードを開始してすぐにpiex-cli stopでプログラムを停止し、

コンフィグの赤文字2行を
#bind=127.0.0.1
masternodeaddr=VPSのIPアドレス:53472
に修正(bindをコメントアウトしてアドレスをグローバルに変更)で、
無事にステークを確認しました。

ただ、この対処をすると2日ほどでMNが停止したので何とも言い難いところです。
(これが原因なのかは不明です)

正常に動いているかチェック
./piex-cli masternode status
{
“txhash” : “hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh”,
“outputidx” : 0,
“netaddr” : “127.0.0.1:53472”,
“addr” : “xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx”,
“status” : 4,
“message” : “Masternode successfully started”
}

上記のアドレスを見て「127.0.0.1とかマジ大丈夫か…?」と思うのですが、
./piex-cli masternode list
で表示されたリストの中のtxhashと照合すると”ENABLED”だったので、
多分大丈夫だと思うのですが、やっぱり確証は無いっす。

~ 緊急追記 2017/10/03 コイン自動分割トラブルが発生しました! ~

突然マスターノードのステークが停止したのでおかしいと思って再実行すると…
./piex/piex-cli masternode start
Not capable masternode: Could not find suitable coins
(マスターノードに必要なコイン残高不足!?)

マスターノードが動作するには25000PIEXが必要ですが…

何故か25000PIEXが勝手に12529+12518に分裂していました。
この状態では1つあたり25000PIEXを満たさないためマスターノードが停止します。

とりあえず下記の対処を行いました。

マスターノードウォレットアドレスを再取得
./piex-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マスターノード用のwallet.datを適当なWindows版QTウォレットでロードし、
Settings→Options→Wallet→Expert – Enable coin control featuresをチェック。
Send→Inputsで全コインを選択し、Pay Toに自身のMNウォレットアドレスを入力。
Amountには必ず25000ピッタリに入力して送金する。
※これが少しでも数字がズレると失敗しました。

VPSでコイン承認回数15になるまで待機
watch ./piex/piex-cli listunspent
※ここで
“account” : “MN”,
“amount” : 25000.00000000,
のコインが表示されていなければ失敗しています。

マスターノード開始
~/piex/piex-cli masternode start

うーん、色々トラブルが続くなぁ

~追記2017.10.29~

やはり数日するとマスターノードが停止するトラブルが多発。
下記コンフィグで実験中です。
staking=1
rpcuser=usename
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
server=1
listen=1
daemon=1
masternode=1
logtimestamps=1
maxconnections=256
externalip=127.0.0.1
masternodeprivkey=PRIV-KEY
masternodeaddr=VPS-IPaddr:53472
正常に動いているようには見えるけども…


広告エリア




PIE→PIEXコインの交換方法

※2017/11/29現在、PiEXコインはSocial SENDへ移行したため交換は出来ません。

新チームの力でリブートしたPIECoin(PIE)ですが、
9月29日より新コインPIEXへのスワップが開始されました。
PIEXからはマスターノードも実装されたのでMN大好き派としては
とてもハァハァできるステキコインになりますた。

ただ、当初はNovaExchangeを使ってPIE→PIEXに交換される予定だったのが
中止になり、最終的に決まったPIEXコインへの交換方法はなんと

「ひとりずつ個別対応!」

ヒェー!!(‘A`;

なぜ自動化しなかったのか中の人に聞いてみたところ
「人数的にその方が楽なんだ」
だそうで。

というわけで手順を説明するよー。
PIEホルダーの皆は参考にしてね。

~ 事前準備!!! ~

WindowsまたはLinuxマシンにPIEウォレットを入れて、
同期完了&コインも準備完了しておきましょう。
(スクリーンショット提出があるので、CUI版だとそこで詰みます)。

そして英語が得意じゃない方は翻訳ソフトやアプリなどをフル装備で!
日本語で話しかけても絶対に対応してもらえません。
というかそれが出来ないならトラブルが起こったときに何も出来なくなるので、
そういう人は仮想通貨に手を出しちゃ行けません。
中学で英語テスト1桁点とった俺でも会話が成り立つんだから信じて行け!

~ 以下スワップの流れ ~

1.DiscordのPIECoinチャンネルに登録。

2.MODERATOR-6(開発チーム)の中の人が「DMくれ~。対応するよ~」的なコトを言ってたら、
アイコンを「右クリック→メッセージ」でDM画面を開いてスワップ希望を伝える。
(私の時はRatstangさんに対応して頂きました)。

3.旧PIEコインのウォレット残高とOS名を聞かれるので、ウォレットの総額と
OS名称(Windows10 Professional 64bitなど)を伝える。

4.PIEXウォレットのダウンロードURLを教えてもらえるので、
この段階でダウンロードしてブロック同期を完了させておく。

5.指定アドレスに全額送金するよう言われるので指示に従って送金する。

6.送金後のトップ画面と「処理」の送金した行を右クリック→処理の詳細の
トランザクション情報(処理のID)が記載されたスクリーンショットを送る。

7.PIEXウォレットの受信アドレスを生成して伝える。

8.入金後にpiex.confにstaking=1を追記するよう言われるので指示に従う。

これで完了です。
しばらくして打ち切られると思いますのでお早めにどうぞ。