LOLのMN売り切れました

規定時間前にLOLマスターノード先行販売分がついに全て売り切れました。
おめでとうございます(・ω・)

ここ最近色々話題になっている「LoanOrLease(LOL)」ですが、
現在はマスターノード構築に必要な5000LOLを0.1BTCまたは2.5ETHで
販売しているのが次のTier4で倍の価格に値上がりします。

>>終了予定時刻チェックはコチラで(00:00:00なら終了済み)

詳しくはLOLアンバサダーのedindinさんのツイートを(・ω・)手抜き

購入先フォームは下記へアクセスしませう。
Google form : Tier 3 Masternode Purchase

ちなみに末尾のPROMO CODEは JAPAN を入れると+100枚ボーナスです。

Bitcointalkの日本語アナウンスは下記をご参照ください。
Bitcointalk : [ANN][日本語]LoanOrLease *Pi マスターノード *プルーフオブステーク

~追記~
公式より追加アナウンスがありました。
ホワイトペーパーのコイン分布に基づけば、LOLの過払いが発生する可能性があります。そのため、透明性を保ちホワイトペーパーに従うため、取引所に上場する・もしくは残り運営所持LOLが160万枚に達した時点でマスターノードパッケージの販売を即座に打ち切ります。現在も取引所からは応答がなく、非常にチームとしても不安を感じています。 これは皆様に対しても非常に不便だということは当然承知しておりますが、どうかご理解ください。既に投資した皆様にとっては価値の上昇を見込むことのできるニュースでもあります。 最後に、予想される残高は非常に少なく、24時間以内、場合によっては数時間中に売り切れてしまう可能性があります。 ですので、購入予定の方はお早めにお願いいたします。

要するに「売れすぎたのでもうすぐ販売打ち切る」というコトっすな。

LoanOrLease(LOL)のススメ V2

>>前回の記事はコチラ

あれから数日が経過し……

日本アンバサダーの方々の頑張りとPRによりDiscordコミュニティの
50%を日本人が制圧という凄い状況になってきました。
むしろLOLコインを抱えている人達が軒並みガチのロングホルダーばかりなので
一緒に溶鉱炉の海に沈む気で盛り上げていく気が満々なのがステキ。

その流れに気づいた後発組もガンガン参戦してきているので、ぶっちゃけて
マスターノード収益は期待出来ないし猛烈な値上がりも期待できないけど
本来の仮想通貨として役割を保ちつつ安定飛行できる可能性が高い
かもっすね。

現時点ではMNに必要な5000LOLの購入に必要なコストは0.1BTCまたは2.5ETHなので
結構気合いを入れて飛び込む必要はありますが、チャレンジしたい人は
お越しくださいませませ。

Bitcointalk : [ANN][日本語]LoanOrLease *Pi マスターノード *プルーフオブステーク

RYOTA ICOに0.5ETH投資してみた

RYOTAってなんぞ…? という人向けに。

Bitcointalk :
[ANN] 📢 [ RYOTA ] (利) 🚀 [LENDING] 🚀 [ POOL STAKING] 🚀 [PRESALE/ICO] 🚀

アイコンを見た瞬間の俺の感想「正気か?(‘A`;」

とまあ当然クソコインだとスルーしそうになったものの、
ちょうどファーストブロック掘り当てて利益も出ていたので0.5ETHで767枚購入。
2018年1月には運営元の公式取引所、それから同月に他の取引所に上場予定だそうな。

んでアカウント登録してログインしてみると、怪しげなコインの割に
結構システムが良く出来ててビックリ。

・意外と良く出来たウェブインタフェース

会員サイトにログインするとダッシュボードが開き、My Walletから入出金が可能。
depositアドレスを取得して送金すれば普通に残高が増加し、
普通にCoin Presaleで購入できる………すっごく普通(※)!!

※その普通すらマトモに出来ないICOがめっちゃ多い

・独自のウェブウォレットPoSステーキング

ウチは気づかないまま二日間QTウォレットでPoSステークしていましたが
それをBitcointalkで報告したところDEVから
「公式サイトのウェブウォレットステーキングしたらボーナス入るよ!」
とアドバイスがありました。

Stake pool→Join Stakingから自分の手持ち残高からステークプールに入れたい
金額を割り当てればOK…というカンタン操作で自前のサーバを持たなくても
PoSステークが出来るので良い感じ。
通常だと1日あたり2RYTしかステークしないのが、どうやらベンチマーク的に
手持ち770枚なら1ヶ月で1000枚くらいに増加するらしい。

~ Imaha486的な見解 ~

RYOTA COINの最大の特徴である
「公式ウェブウォレットでPoSプールに預けるとステーク量が増加し、
それと引き替えに取り出しが困難になる」

というのはなかなか面白いアプローチだと思います。
要するに、一度預けたら抜け出すのが難しい分、売り逃げがしづらいため
暴落リスクの低減が期待できるワケですね。

さてさて、このコインが上手く行くかどうかは神のみぞ知る…って感じっすな。


コインとしての特徴は「普通過ぎるくらい普通」。
ウェブサービスの完成度は新規ICOの中では「驚くほど普通に使える高い完成度」
というちょっとレアケースです。

俺と一緒に人柱になりたい人、ウェルコネ(・∀・)

>>毎度のプレセールのアフィリンク。
12月31日まで1枚0.5ドルでそこから1.0~1.5……と値上げしていくパターン。

我慢出来なくてリゲイン購入

黄色と黒は勇気のしるし……の方ではなくて(‘A`;


ユーザー主導の
ビットコイン市場を取り戻し、
ビットコイン市場安定化の実現を

さて、なんだか意味深なキャッチコピーです。
わざわざREGAINがこう謳っているのは要するに…

「中華ASICがBTCを掘りまくってて市場価格もガンガン揺れるよ!
 1日10%以上値段が変動しまくりで通貨としての信頼性が皆無だよ!
 だから俺らが皆の元気(資金)を分けて貰って新型ASICを
開発
&運用してそいつらをぶっ飛ばしてやる!
 それで得られた稼ぎの50%を皆に配当し続けて、
 さらにその利益で新型ASICをどんどん作っていくよ!」

という結構デカいプロジェクトです。
運悪くBTC暴落のタイミングと重なったためまだ様子見の人も多いですが
ひとまず0.15BTC(私が購入したタイミングで0.5REG相当)を投入しました。

※様子見の人が多いと言っても既に2155/5000を超過し
2016年12月26日午前現在、調達額は8,620,514ドル(約10億円)です…

0.15なんてケチ~…と思うかもですが今日の時点で24万円オーバーだからね!
自分の一ヶ月の手取り以上ぶっ込むとか普通に考えたら狂気よ…(・ω・;)

ちなみに0.5REGで1ヶ月あたり0.017BTCの収益が得られ、
約9ヶ月で投資額が回収出来て今後一生マイニング収益が~…
…ってあれ? クラウドマイニングと何が違うの???と思うかもですが、
結局クラウドマイニングも某A社に最終利益が全部行っちゃってるので、
その一極集中を無くすコトでBTCを健全にしようというのがこのプロジェクトの
重要かつ注目されているポイントなわけなのです。

2017年稼いだBTCを電子の藻屑にしないために戦いたいひとは
REGAINにチャレンジしてみるのもアリかもしれません。
もちろん投資は自己責任で、ね。

>>REGAINについての詳細はコチラ



LoanOrLease(LOL)のススメ

Bitcointalk : [ANN][日本語]LoanOrLease *Pi マスターノード *プルーフオブステーク

というわけでファーストコンタクトは2chで名無し同士だったぐぬぐぬたいさんが
アルトコインLOLの日本アンバサダーになった記念でウチも0.08BTC払って
5000LOLを購入しますた(・∀・)

今回の暴落タイミングに合わせて一通り手持ちのBTCを使い切ったため、
しばらくはステーク収益頼りだなぁ。

マーケティング活動の重要性

昨日アップした記事
クリエイター向けトークン『ACC』に投資してみるよ!→ちょっと様子見る
の続報ですが、プレセールおよびICOへの投資を中止します。

ICOの問題性については以前より詐欺事件の多発などが指摘されてきましたが、
今回のケースは投資を募る姿勢が見られない(その資格が無い)
というのが最大の問題点でした。

改めてACCことArtist Connect Coinについて振り返り。

・ACCとは何なのか?

ACC公式サイト https://accoin-japan.jp/
世の中のあらゆる「クリエイター」を支援し、国際展開する際の妨げとなる
「日本語」「支払いシステム」の壁を取り払いグローバル化を推進するコイン。
ホワイトペーパーには
常に「日本語」という言語の壁を抱えていることが原因で、
グローバルプラットフォームから乗り遅れることが甚だしい状況です。
と記述されており、現状の日本のコンテンツ配信に疑問符を投げかけています。

また、このトークンが成功すれば、漫画家・ゲームクリエイター・プログラマなど
あらゆる人材が仮想通貨を利用して報酬を得られるシステムが完成し、
2018年のAPI利用解禁でコミックマーケットなどのイベントでの利用が可能になれば
マジで夢のコインになる可能性を秘めている。

・ACCの問題点

1.Bitcointalk(ACC PreSALEスレッド)でアナウンスをするも自発的な発言はゼロ。
質問に対しては丁寧に答えているものの対応が受動的過ぎるため、
新情報を欲するユーザの需要を満たせていない。

2.本日(2017年12月15日 午前11時00分)にプレセールが開始されたものの、
Bitcointalk、公式ツイッター、各種アナウンス媒体における告知が一切ナシ
注目していた人ですら「プレセール始まってたんですか?」と言う始末。

3.ツイッターにおいてわざとACCに関する「問題点&苦情」を長々と列挙して
長時間放置しても、それを過去ログに流すようなポジ発言も一切ナシ
なのでACCに興味をもった人が居ても投資に至る前にネガティブ発言が目に付く。

4.Bitcointalkで一日近く経過するのにACC関係者以外の発言が僅か12個。
未だに2ページ目が表示されておらず閑古鳥が鳴きまくっている

5.英語圏へのアプローチが重要であるにも関わらず
ホワイトペーパーが何故か日本語と韓国語だけ
という準備不足過ぎる謎状況。

6.その指摘に対して「12月25日までに英語版ホワイトペーパーをリリースします」
という遅すぎる対応

・一言で
運営チームがマジでクソ



・ACC運営チームは何をすべきだったのか?

運営チームの顔ぶれを見た感じ
「人を使うコトは得意でも、自分が前に立って最前線で戦えなさそうな人ばかり」
です。

まずICO出資者の財布の紐を緩めるために最低でも必要なのは次の3つ。
1.やたらフレンドリーなアナウンス
2.綺麗事だらけでムチャクチャ稼げそうな数字データ
3.TwitterやFacebookなどによるSNSでの情報拡散

他にもBOUNTY PROGRAM(報奨制度)などがあっても良いのですが、
恐ろしいことにACC運営チームはそれらを一切していません。

投資家にとってICO投資に必要なものは「頭カラッポにして送金ボタンを押す勢い」です。
その勢いを与えてもらえなければ投資できません。

ICOは「コインの魅力を最大限に伝え、その魅力に対して投資を得る」システムですから、
運営チームに課せられた最初のミッションは、
コインの完成度を高めることではなく

コインの魅力をより多くの人に伝えるコト
です。

それを果たせないというコトは、
「売り上げノルマを課せられた営業マンが売り上げ未達成」
「締め切りを決められた漫画家が締め切りを守らない」
「コミケで原稿落とす」
に等しいわけで、用は努力不足と準備不足です。

マーケティングは事前準備が全工程の80~90%を占めるほど重要ですが、
それを怠るということは、課せられたミッションの10~20%しか果たせていません。

そんな運営チームに対して、誰が投資したいと思います?
そんな連中に運営を任せて、コインが成功すると思います?


・というわけで

ACCはプレセールが終わるまでに
「プロモーションに強く、現在リアルタイムで戦っているスタッフ」
の人材を確保する必要があります。
その努力すら怠るようであればこのコインは100%失敗します。

個人的にはACCのやろうとしている事業内容やコインは魅力的ですが、
仮想通貨界隈に居る投資家を動かすノウハウが無さ過ぎです。

というか、そのやり方だと昨今のリアルビジネスでも確実にコケるというのは
ド田舎のIT業界で働く三下の営業マンな私ですら理解できるんですけど、
ホントにあんたらプロですか?