AntMinerL3+買ったった

※2018年7月現在、既にAntMinerL3+は日本国内でのマイニングでは
 常時稼働させると電気代すら稼げない大赤字マシンです。
稼働時にインパクトドリルよりもうるさい騒音をまき散らすため
興味本位で手を出すと大変なコトになるのでご注意ください。


・はじめに
2018年7月現在でのヤフオクでの相場は大体10~20kの間くらい。
フル稼働させるにはPCIe6pinケーブル9本+800Wオーバーの電源が必要。
分岐ケーブルが足りなかったのでウチはひとまずメイン基板への通電と
ボード1+4の2枚だけ(Scrypt 252MH/s相当)だけでテスト稼働させました。
(各ボードPCIe6pin×2本挿せば個別動作します)。
AntMinerL3+は126MH/sの性能を持つASICボードを4枚載せたハード
…ということですね。

・スタートアップ
本体にLANケーブルを挿したらIP Reporterを実行してStartボタンを
押してからAntMinerL3+の本体正面にあるIP Reportボタンを押して
IPアドレスを特定。
ブラウザで http://IPアドレス/ で管理ページを開いて
ユーザ名とパスワードどちらも root でログイン。

・ファン回転速度変更
Gneral SettingsのMiner General Configurationでプール設定する時に
最下部のCustomize the fan speed percentageで設定可能。
Stop running when temprerature is over 80℃はオフにすると
多分オーバーヒートで火事になるので絶対触らないほうがいいと思う。

・クロック変更
Miner ConfigurationのAdvanced SettingsのFrequencyから
動作クロック(デフォルト値384MHz)を変更できます。

ちなみにボード2枚&クロック定格&ファン回転速度30%だと
エアコンの効いた部屋でも30分程度で70℃を超えていたので
ファーストブロックを掘り抜く以外の用途では厳しいでしょう。

・騒音について
今まで消費電力430WのBaikal Giant+(A2000)を使っていて
「ASIC騒音ヤバい」とか言ってましたが800Wは異次元ですた(‘A`)
恐らく集合住宅の室内で回すと、窓を閉めててもご近所様には
掃除機を回すよりもヤバい騒音が聞こえているはず。
1300Wとか1500Wクラスなんて想像も出来ませぬ。
ただし前述の通りファンの回転速度とクロックを変更できるので、
一般的なCPUファンを100%回転させたくらいの騒音には落とせそうです。

・消音ボックスについて
まだパーツを取り寄せ中なので揃ってから記事を追記します。
(アイリスオーヤマのRV600とホワイトキューオンを使う予定です)

CanoCoinエアードロップ

公式サイト : canoncoin.org

Bitcointalk : CANO公式トピック

Discord : CANO#bitcointalkチャンネル

Github : canoウォレット

競争率がバカ高いギャンブル系コインの新顔がまたまた登場。

マスターノード必要数3000枚&プレセールで1MN0.4BTCなので
さすがにマスターノードホルダーになるのは事実上無理ですが、
Bitcointalkで適当に発言してからDiscordの#bitcointalkチャンネルで
そのスクリーンショットとアドレスを投稿すれば
キャンペーン報償のエアードロップで3CANOが入手可能です。

たった0.0004BTC相当とか要らなくね? と一見思えますが
Quarkを2GH/sで採掘可能なASIC Baikal A2000ですら
1時間0.1あたり(24時間で2.4)しか掘れない難易度のコインなので、
それをタダでゲット出来るだけでも十分っす。

あと、この記事を書いている時点でのブロックアドレスは574。
恐らく今日中に1000ブロック目でPoWが終了し、そこから先は
PoS/MNでしか増やす手段が無くなります。
また、まだ稼働ウォレット数が少ないので初日のPoSは
かなり高頻度でステークが期待できる(はず)。
ちなみにマスターノードは運営の保有する1つが走っているだけの状況ですが、
このコインを0.4BTCで買う狂人は居ないはずなのでしばらくは安泰と思われます。

リアルマネーの投入は推奨しませんが、エアドロだけでも
もらっておくと幸せになれるかもしれません。

~念のためエアドロもらう手順~

1.ウォレットを実行して入金アドレスを生成。

2.Bitcointalkで応援メッセージを書き込んでスクリーンショット撮影。

3.Discordに参加して#bitcointalkページにスクリーンショットと入金アドレスを投稿。

あとはコインが入金されたらウォレットをひたすら放置して
コインがステークで増殖するのを待つのみです。

Coin2Coinマスターノード!

Bitcointalk :
[ANN] [C2C] Develop your own Coin with our Coin2Coin platform [PoS / Masternode]

Bitcointalk : [日本語ANN] [C2C] 自分のコインを作れる革命的なプラットフォームCoin2Coin [PoS / Masternode]

Discord : Coin2Coin.Network公式チャンネル

・・

「単なる後発版イーサじゃね?」というツッコミは当然ありそうですが、
コイツが期待されている将来実装予定の機能は
「Coin2Coinネットワークにトークンのように独自コインを作り、
 さらにマスターノードホルダーはその中から好きなコインを選んで
 マスターノードとして稼働させ、報酬を得られる」
という頭がイカれてるとしか思えない超絶システムです。
ぶっちゃけると「そんなのホントに作れんのか?」って話ですね。
(詳しくは日本語アナウンスあたりをご一読ください)

ただ、今はコイン1枚あたりも安くホルダーも少ないので
凄まじい勢いでPOS報酬が入ります。

2018年7月6日午前現在プレセールのMN在庫は残り3つ。
取引所は超マイナーな場所しかない不安要素たっぷり。
(念のためリンクは張りません)
なのでハイリスク・ハイリターンを期待する変態向け銘柄と言えます。

もし挑んでしまった変態さんは…

・Coin2Coinのマスターノードの立て方

多分この銘柄に挑む人には説明は要らんと思いますけどVPS用。
(事前準備してない人は先にココ見てから)

1.gitでソース落とす。
git clone https://github.com/Coin2CoinDev/C2C

2.ビルド&インストール
cd C2C
chmod 755 autogen.sh
chmod 755 share/genbuild.sh
chmod 755 src/leveldbbuild_detect_platform
./autogen.sh
./configure
./make
./make install

3.実行&アドレス生成&キー生成&一度停止
c2cd -daemon
c2c-cli getaccountaddress MN
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
c2c-cli masternode genkey
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
c2c-cli stop
この間に生成したMNアドレスaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaに
1500C2Cを送金しておく。

4.コンフィグ書き換え
nano ~/.c2c/c2c.conf
内容は下記の通り
rpcuser=username
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
daemon=1
listen=1
server=1
masternode=1
port=2001
masternodeprivkey=kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
masternodeaddr=VPS-IPaddr:2001
externalip=127.0.0.1:2001

5.マスターノード稼働開始
送金後15confirm経過してから
c2cd -daemon
c2c-cli masternode start

”Masternode successfully started”が返れば成功。

2018年7月6日現在のマスターノード総数は49。
現18,170ブロックでの報酬は14(MN9.8 : PoS4.2)。
午前7時に稼働開始して午後4時までの9時間でMN報酬は88.2C2C。

年ROIは858%相当ですが76500ブロックで一度減り、
146900ブロックでさらに激減して発行量が一気に落ちます。