Coin2Coinマスターノード!

Bitcointalk :
[ANN] [C2C] Develop your own Coin with our Coin2Coin platform [PoS / Masternode]

Bitcointalk : [日本語ANN] [C2C] 自分のコインを作れる革命的なプラットフォームCoin2Coin [PoS / Masternode]

Discord : Coin2Coin.Network公式チャンネル

・・

「単なる後発版イーサじゃね?」というツッコミは当然ありそうですが、
コイツが期待されている将来実装予定の機能は
「Coin2Coinネットワークにトークンのように独自コインを作り、
 さらにマスターノードホルダーはその中から好きなコインを選んで
 マスターノードとして稼働させ、報酬を得られる」
という頭がイカれてるとしか思えない超絶システムです。
ぶっちゃけると「そんなのホントに作れんのか?」って話ですね。
(詳しくは日本語アナウンスあたりをご一読ください)

ただ、今はコイン1枚あたりも安くホルダーも少ないので
凄まじい勢いでPOS報酬が入ります。

2018年7月6日午前現在プレセールのMN在庫は残り3つ。
取引所は超マイナーな場所しかない不安要素たっぷり。
(念のためリンクは張りません)
なのでハイリスク・ハイリターンを期待する変態向け銘柄と言えます。

もし挑んでしまった変態さんは…

・Coin2Coinのマスターノードの立て方

多分この銘柄に挑む人には説明は要らんと思いますけどVPS用。
(事前準備してない人は先にココ見てから)

1.gitでソース落とす。
git clone https://github.com/Coin2CoinDev/C2C

2.ビルド&インストール
cd C2C
chmod 755 autogen.sh
chmod 755 share/genbuild.sh
chmod 755 src/leveldbbuild_detect_platform
./autogen.sh
./configure
./make
./make install

3.実行&アドレス生成&キー生成&一度停止
c2cd -daemon
c2c-cli getaccountaddress MN
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
c2c-cli masternode genkey
kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
c2c-cli stop
この間に生成したMNアドレスaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaに
1500C2Cを送金しておく。

4.コンフィグ書き換え
nano ~/.c2c/c2c.conf
内容は下記の通り
rpcuser=username
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
daemon=1
listen=1
server=1
masternode=1
port=2001
masternodeprivkey=kkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk
masternodeaddr=VPS-IPaddr:2001
externalip=127.0.0.1:2001

5.マスターノード稼働開始
送金後15confirm経過してから
c2cd -daemon
c2c-cli masternode start

”Masternode successfully started”が返れば成功。

2018年7月6日現在のマスターノード総数は49。
現18,170ブロックでの報酬は14(MN9.8 : PoS4.2)。
午前7時に稼働開始して午後4時までの9時間でMN報酬は88.2C2C。

年ROIは858%相当ですが76500ブロックで一度減り、
146900ブロックでさらに激減して発行量が一気に落ちます。