ServersMan@VPSでCHCマスターノードを動かす

Chaincoinのマスターノードを自宅鯖で動かす方法を書いたばかりですが、
マスターノードは
「24時間切断することなく同一のIPアドレスで動作すべき」
という重い責任があるのでVPSを借りてみることにしました。

ほとんどChainCoinの公式マニュアルPDFに書いてある通りですが、
海外の特定VPSを対象としているため細部が結構違ったりします。
自分用のメモとして書き書き。

・VPSを選ぶ

ServersMan@VPSエントリー467円プラン
コイツを選んだ理由は
1.グローバルIPアドレスが割り当てられる。
2.500円ちょいの超低価格でメモリ1GB+スワップ設定済み。
3.Ubuntu14.04 LTS(64bit)を自動導入テンプレートあり。
4.ChainCoinの公式マニュアルがそもそもUbuntu14推奨。
です。
ServersManといえば低速SIMを圧縮プロキシで高速化も書いたし、
昔から低価格プランをいじりがいのあるブランドっすな。

・SSHで接続する

ServersMan@VPSをUbuntu14.04 LTS(64bit)テンプレートで導入したら、
RLoginでSSH接続する。
Server AddressとSocket Port、Username Password/phraseを
ServersMan@VPSで発行されたヤツを入力すればOKです。
最近のモニタだとデフォルトフォントが超ちっちゃいので、
「表示、オプション設定、スクリーン、一行あたりの文字数からフォントサイズを決定80」
でOK。

・必要なプログラムのビルド

パッケージを最新に更新する。
sudo apt-get update

公式マニュアルに記載されていない必要プログラム2つを導入。
apt-get install nano
apt-get install libevent-pthreads-2.0-5

以下は公式マニュアルまんま。
sudo apt-get update
sudo apt-get install automake
sudo apt-get install libdb++-dev
sudo apt-get install build-essential libtool autotools-dev
sudo apt-get install autoconf pkg-config libssl-dev
sudo apt-get install libboost-all-dev
sudo apt-get install libminiupnpc-dev
sudo apt-get install git
sudo apt-get install software-properties-common
sudo apt-get install python-software-properties
sudo apt-get install g++
sudo add-apt-repository ppa:bitcoin/bitcoin
sudo apt-get update
sudo apt-get install libdb4.8-dev libdb4.8++-dev -y
cd ~
git clone https://github.com/chaincoin/chaincoin.git
cd ~/chaincoin/
./autogen.sh
./configure –without-gui

~もしここで”libevent not found”が出たら~
1.wgetでlibevent-2.0.22-stable.tar.gzをダウンロードし、
 展開して出力されたディレクトリに移動する。
wget -O libevent-2.0.22-stable.tar.gz http://sourceforge.net/projects/levent/files/release-2.0.22-stable/libevent-2.0.22-stable.tar.gz/download
tar zxf libevent-2.0.22-stable.tar.gz
cd libevent-2.0.22-stable
 ※参考:http://www.ajisaba.net/develop/tmux/libevent_install.html

3.以下のコマンドを実行してlibevent-2.0.22-stableを導入する。
./configure
make
make install

chaincoinの./configureが無事に通ればコンパイル&ビルド。
make
make install

これでchaincoindが生成されればほぼ作業完了。
ちなみにServerMans@VPSの最安プランだとビルドに何十分もかかります。

・コンフィグファイルchaincoin.confを作成する

設定用の .chaincoinフォルダに移動する
cd ~/.chaincoin/

もし上記ディレクトリが無ければ
mkdir ~/.chaincoin/
cd ~/.chaincoin/

空ファイルを作成する
touch chaincoin.conf

テキストエディタnanoで開く
nano chaincoin.conf

下記3行を入力してCTRL+Oで保存しCTRL+Xで脱出。
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
server=1

下記コマンドを実行し”Chaincoin server starting”が表示されればOK。
chaincoind –daemon

—-※レンタルサーバによっては下記エラーが出ます。
「chaincoind: error while loading shared libraries: libevent-2.0.so.5~…」
その場合の回避方法
cd /usr
mkdir /lib64
ln -s /usr/local/lib/libevent-2.0.so.5 /usr/lib64/libevent-2.0.so.5
nano /etc/ld.so.conf.d/libevent.conf

nanoエディタで下記1行を記述してCTRL+Oで保存、CTRL+Wで脱出
/usr/local/lib

内容を反映させる
ldconfig

再び chaincoind –daemon を実行してエラーが出なければ成功。
—-エラー回避方法ここまで

マスターノード用ウォレットアドレスを生成。
これで表示されたxxxxxxxxxxxxxxxxの位置にある英数列をコピーする。
chaincoind getaccountaddress 0
xxxxxxxxxxxxxxxx

CRYPTOPIAなどでCHCを1000.001以上購入し、上記ウォレットアドレスに送金する。
手数料を払った後、このアドレスに”1000.00000000″ピッタリ送金しないとアウト。

マスターノード用privkeyを生成。
この英数列もコピーする。このキーは厳重に管理しませう。
chaincoind masternode genkey
xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

この時点でサービスを停止させる。
chaincoind stop

再びnanoでコンフィグファイルを編集開始。
nano ~/.chaincoin/chaincoin.conf

さっき入力した3行の下に4行を追記する。
listen=1
masternode=1
masternodeprivkey=マスターノード用privkey
masternodeaddr=VPSのIPアドレス:11994

マスターノードモードでサービス開始。
chaincoind –daemon

このままひたすら数時間待つ。
chaincoind getinfo
で”balance” : 1000.00000000″と表示されればブロック同期完了。

下記コマンドで送金元(CRYPTOPIAなど)のアドレスを含むトランザクションが
表示されていることを確認する。
chaincoind listtransactions

そして最後にマスターノード起動。
chaincoind masternode start

これで”successfully started masternode”と表示されたら少し待ってから
chaincoind masternodelist full VPSのIPアドレス

「サーバのIPアドレス:ポート: ENABLED ~…」が出ればOK。
これでCHCマスターノードが起動完了です。

~ 追記 2017/08/15 AM9:25 ~

1日経って残高をチェックしてみました。
chaincoind getinfo

“balance” : 1002.00000000″

わーい、2CHC増えてるヽ(´▽`)ノ
ちなみに今日のレートだとだいたい57円くらい。
これが10回発生すればVPSレンタル代はペイできるっすね。

なお、次のマスターノードはPieCoinの予定っす。

~追記 2017/08/27 13:49~
slackで「古いバージョンだとブロック1245400より先が同期できないよ!」と
注意メッセージが届いたので下記の通り対処。

mv chaincoin chaincoin.old
git clone https://github.com/chaincoin/chaincoin.git
cd ~/chaincoin/
./autogen.sh
./configure –without-gui
make
make install
chaincoind –daemon
chaincoind masternode start

データディレクトリ./chaincoin/は変化していないのでそのままでOK。


広告エリア





ServersMan@VPSでCHCマスターノードを動かす” への3件のコメント

  1. ピンバック: ServersMan@VPSでENTエタニティノードを動かす | Irregular child 2nd

  2. ピンバック: ServersMan@VPSでCoinonatXマスターノード | Irregular child 2nd

  3. ピンバック: vpsdimeを契約してみました | Irregular child 2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です