Windows/Linuxウォレットの両立

仮想通貨をしばらく扱っていると、下記のコトに気づくはずです。

1.Windowsは大抵 %appdata%\コイン名\ のフォルダに設定ファイルが保存される。

2.Linuxは大抵 ~/.コイン名/ のディレクトリに設定ファイルが保存される。

3.コインによっては設定ファイルのうち”コイン名.conf”を編集する必要があり、
bitcointalkなどのフォーラムを見てaddnode=x.x.x.xを追記しなければ
正常に同期されなかったりする。

4.ウォレットのバックアップとは、設定ファイルのうち”wallet.dat”の
コピーを保存すること。

5.“wallet.dat”は複数のマシンで同時に利用することができる。

6.あくまで仮想通貨のネットワークに接続するためのキーファイルに過ぎず、
入出金情報が皆のブロックチェーンに記録されるので、どのマシンで入出金を
行ったとしても全て同期している。

・・

前置きはここまで。
つまり、WindowsであらかじめQTウォレットを走らせて同期してコインを入金し、
同じwallet.datをVPS上のウォレットでも併用することが出来るのです。

これの利点はズバリ
「自宅サーバを持たない人が、PoSウォレットのために24時間ずっとパソコンの
 電源を入れっぱなしにして無駄な電気を使わなくて済むコト」です。

入出金は操作の容易なWindows版ウォレットで行い、実際のPoSによるステークは
VPS上で24時間動き続けるプログラムに任せれば良いわけですね。
どちらも共通のwallet.datを用いるのでVPSでステークしたコインを
WindowsのGUIで採掘状況をチェックできる利点もあります。

ちなみに私がVPSへのSSH接続に使っているRLoginは、
ファイルメニューの「SFTPファイルの転送」でVPSに直接wallet.datを流し込めます。

ただし、Condensate(Rain)やEmber(EMB)など
Windows QTウォレットとLinuxコンソール版ウォレットが
同じ”wallet.dat”という名前でありながらファイル形式に互換性が無い
ようなパターンもあります。
(その場合、VPSでLinux版ウォレットを実行した瞬間、エラーで落ちます)。

そして、
残高がある&バックアップしていないwallet.datにうっかり上書きすると即死します
※絶対に助かりません。

必ずバックアップを取りながら慎重にやりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です