VPSでInterZoneマスターノードを立てる

Chaincoinと同じc11アルゴリズムを採用している
「InterZone(ITZ)」のマスターノードを立ててみます。
使用VPSは「月7ドルでSSD30GB+メモリ6GBなvpsdime」です。

Bitcointalk : [ANN] Project Interzone – Blockchain Social Engine – UPDATE TO 1.5!

NOVA EXCHANGE : ITZ-BTC

~準備手順~

環境によってはコレが必要
sudo apt-get install libqtgui4
sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install libtool autotools-dev autoconf automake
sudo apt-get install libssl-dev
sudo apt-get install libboost-all-dev
sudo add-apt-repository ppa:bitcoin/bitcoin
sudo apt-get update
sudo apt-get install libdb4.8-dev
sudo apt-get install libdb4.8++-dev

ソースコードからプログラムをビルド
git clone https://github.com/projectinterzone/ITZ
cd ITZ
./autogen.sh
./configure
make
make install

実行してエラー停止。
interzoned -daemon

nanoでconfファイルを修正する
nano ~/.interzone/interzone.conf

内容は下記3行
rpcuser=任意ユーザ名
rpcpassword=任意パスワード
rpcallowip=127.0.0.1

情報取得してブロック同期出来ればOK
interzoned getinfo

ウォレットアドレス取得し下記アドレスに5000ITZ送る。
interzoned getaccountaddress MN
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

残高5000.00000000ITZになるまで待機
watch interzoned getinfo
{
“version” : 1050000,
“protocolversion” : 80003,
“walletversion” : 61000,
“balance” : 5000.00000000,

マスターノードprivkeyを生成する
interzoned masternode genkey
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

プログラム停止
interzoned stop

nanoでconfを開く
nano ~/.interzone/interzone.conf

下記内容に修正(chaincoindが居ない場合)
rpcuser=任意ユーザ名
rpcpassword=任意パスワード
listen=1
port=11994
masternode=1
masternodeprivkey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

※もしもchaincoinと同時ならポートを55675に変更
rpcuser=Imaha486
rpcpassword=clck0832itz
listen=1
port=55675
masternode=1
masternodeprivkey=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

プログラム実行
interzoned -daemon

confirmations:15オーバー(表示が消える)まで待機
watch interzoned listunspent

マスターノード実行
interzoned masternode start

下記の表示が出れば成功
successfully started masternode

2017.9.22現在でマスターノード数は40ですが、ステーク頻度はあまり高くないようです。
2017/9/23現在ブロック数14120で、MNへのステークは20000ブロック以降だそうです。


広告エリア




カテゴリー:
未分類   作成者: Imaha486 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です