VPSでPIEXマスターノードを立てる

2chで「mn君」とか呼ばれ始めたのでそろそろ自粛しようと思う今日この頃。
とりあえずPIEXマスターノードを立ててみます。
使用VPSは毎度の「月7ドルでSSD30GB+メモリ6GBなvpsdime」です。

※まだ旧PIEコインをPIEXコインに交換していない方はコチラ

PIECoin公式サイト

Bitcointalk :
[ANN][POS] PieX Coin | Masternodes | Social Sending | Community | Staking | PIE

Discord : PIECoin

Linuxコンソール版ウォレットを入手
MEGA : piexd-linuxd-cli-tx.zip

~手順~

とりあえずディレクトリを作成する。
mkdir ~/piex
cd ~/piex

上記ディレクトリにSFTPなどでウォレットpiex-cli、piex-tx、piexdを転送して
適切なパーミッションを設定して実行可能にしてください。

プログラムをダミー実行し即終了させる。
./piexd -daemon

※この段階でerror while loading shared libraries: libzmq.so.3が出た場合は、
apt-get install libzmq3
でlibzmq3を導入しておく

nanoでconfを修正する。
nano ~/.piex/piex.conf

内容は下記3行
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
rpcallowip=127.0.0.1

プログラムを再び実行
./piexd -daemon

ブロック同期完了まで待つ
watch ./piex-cli getinfo

マスターノード用ウォレットアドレス作成。
ここにピッタリ25000PIEXを送金する。
./piex-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マスターノード用privkey生成
./piex-cli masternode genkey
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

プログラム停止
./piex-cli stop

nanoで再び修正
nano ~/.piex/piex.conf

内容は下記の通り
staking=1
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
rpcallowip=127.0.0.1
listen=1
server=1
daemon=1
logtimestamps=1
maxconnections=256
masternode=1
externalip=VPSのIPアドレス
bind=127.0.0.1
masternodeaddr=127.0.0.1:53472
masternodeprivkey=マスターノードprivkey

再びプログラム実行
~/piex/piexd -daemon

マスターノード開始
~/piex/piex-cli masternode start
Masternode successfully started

しかし、上記設定では一晩経ってもステークが始まらなかったため、
一度マスターノードを開始してすぐにpiex-cli stopでプログラムを停止し、

コンフィグの赤文字2行を
#bind=127.0.0.1
masternodeaddr=VPSのIPアドレス:53472
に修正(bindをコメントアウトしてアドレスをグローバルに変更)で、
無事にステークを確認しました。

ただ、この対処をすると2日ほどでMNが停止したので何とも言い難いところです。
(これが原因なのかは不明です)

正常に動いているかチェック
./piex-cli masternode status
{
“txhash” : “hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh”,
“outputidx” : 0,
“netaddr” : “127.0.0.1:53472”,
“addr” : “xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx”,
“status” : 4,
“message” : “Masternode successfully started”
}

上記のアドレスを見て「127.0.0.1とかマジ大丈夫か…?」と思うのですが、
./piex-cli masternode list
で表示されたリストの中のtxhashと照合すると”ENABLED”だったので、
多分大丈夫だと思うのですが、やっぱり確証は無いっす。

~ 緊急追記 2017/10/03 コイン自動分割トラブルが発生しました! ~

突然マスターノードのステークが停止したのでおかしいと思って再実行すると…
./piex/piex-cli masternode start
Not capable masternode: Could not find suitable coins
(マスターノードに必要なコイン残高不足!?)

マスターノードが動作するには25000PIEXが必要ですが…

何故か25000PIEXが勝手に12529+12518に分裂していました。
この状態では1つあたり25000PIEXを満たさないためマスターノードが停止します。

とりあえず下記の対処を行いました。

マスターノードウォレットアドレスを再取得
./piex-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マスターノード用のwallet.datを適当なWindows版QTウォレットでロードし、
Settings→Options→Wallet→Expert – Enable coin control featuresをチェック。
Send→Inputsで全コインを選択し、Pay Toに自身のMNウォレットアドレスを入力。
Amountには必ず25000ピッタリに入力して送金する。
※これが少しでも数字がズレると失敗しました。

VPSでコイン承認回数15になるまで待機
watch ./piex/piex-cli listunspent
※ここで
“account” : “MN”,
“amount” : 25000.00000000,
のコインが表示されていなければ失敗しています。

マスターノード開始
~/piex/piex-cli masternode start

うーん、色々トラブルが続くなぁ


広告エリア




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です