XSTCでPOSにチャレンジ

XSTCはPoS(Proof-of-Stake)により、ウォレットにコインを入れておくだけで増加します。

1月18日23時59分に約100万XSTCをWindows用ウォレットに入れたままPOSテストを行い
1月19日13時33分に386.852XSTCをステークしたため、1日あたり約700枚、
年間ROI25%に達する高レートのPoSコイン可能性があります。
※その後22%程度で安定しています。

・・

ツイッターではいくつか注意点を列挙しましたが改めて…

1.セルフGOXに気をつけてください
この作業でCoinExchangeとローカルウォレット間のやり取りが発生します。
アドレスコピペミス、ネットワークトラブル、プログラムの不具合、同期ミスなどなど
想定外の出来事により全コインを失うリスクを伴います。
少量で相互交換テストを行った後、天に祈りながらチャレンジしてください。

また、開発チームのメッセージを注視しておいてください。
もしも「旧ウォレットはブロックxxxxから使えなくなるよ!」みたいなアナウンスや
新ノードにスワップが発生した時に、それを見逃して全コインを失うリスクがあります。

2.ウォレットの同期完了前に絶対送らないでください
公式がわざわざ警告してくれているので、コインを消失する可能性が高そうです。
ウォレットの設定方法は後述します。よく分からないまま送るのは止めましょう。

3.万一の時に逃げ遅れるリスクを伴います
草コインは突然価値が大暴落を起こすことがあります。
取引所にコインを入れているのであれば即座に売り逃げて助かりますが、
ウォレットに入れている人は、送金のタイムラグでほぼ確実に逃げ遅れます。

4.一度ステークの楽しさを覚えると沼にハマります
さてそろそろ利確するか…と、ウォレットから取引所にコインを送金しようと思っても
何故かものすごく嫌な気分になったりします。
どうにかそれを振り切って取引所に半分送ると、コインの増加量が一気に落ちます。
それに耐えられない(私のような)心の弱い人は高値で買い戻したりします。
なので最悪コインと共に死ぬ危険性があります。

~ ここまで読んでチャレンジしたいと覚悟を決めた方へ ~

ではウォレットの設定方法を。

1.公式サイトの右下からWindowsウォレットをダウンロードして展開&実行しましょう。
Linuxウォレットは…触れる人はこの記事見なくてもできるでしょう。

2.プログラムsafetradecoin-qt.exeを実行したらすぐに終了し、
Winキー+Rを押して下記コマンドを実行(コピペでok)

notepad %appdata%\Safetradecoin\safetradecoin.conf

3.メモ帳が開いたら下記の内容をaddnode末端までコピペして保存。

listen=1
server=1
rpcuser=varioususer
rpcpassword=variouspass
rpcallowip=127.0.0.1
rpcport=9278
port=9277
addnode=27.83.163.154
addnode=27.134.244.15
addnode=45.63.68.102
addnode=121.2.202.9
addnode=81.204.170.24
addnode=2409:250:3c20:3d00:cc4f:90f1:4ff2:e510
addnode=60.101.121.197
addnode=240b:11:4a0:8d00:1488:c4f9:27ae:718d
addnode=2400:4125:9a38:fc00:0:39ae:9583:aadc
addnode=119.240.11.154
addnode=219.75.221.125
addnode=153.207.17.220
addnode=104.251.218.157
addnode=240f:84:605a:1:589a:8121:c47:8ce5
addnode=23.92.61.107
addnode=114.22.7.208
addnode=2404:7a86:7080:b00:6843:8e72:c5ec:bf4
addnode=106.185.123.75
addnode=240f:50:4f21:1:5535:92c4:3197:6fcc
addnode=240f:36:9d63:1:a052:e03a:f507:7e38
addnode=153.178.253.131
addnode=210.153.167.11
addnode=122.133.247.246
addnode=2404:7a82:8040:4700:8869:8ede:8285:f019
addnode=69.21.246.155
addnode=118.240.100.199
addnode=119.239.182.201
addnode=131.147.85.86
addnode=2001:19f0:5c01:81c:5400:1ff:fe54:eefb
addnode=218.222.158.174
addnode=2601:741:100:f224:1882:ec82:5ff6:915d
addnode=73.180.69.248
addnode=131.147.130.194
addnode=240d:1a:546:c000:d87:23d5:712b:ec18
addnode=58.189.166.185
addnode=110.67.72.29
addnode=42.150.93.114
addnode=117.109.5.242
addnode=2001:0:5ef5:79fb:3c5f:1cda:518f:cbe7
addnode=124.159.242.241
addnode=174.112.52.24
addnode=188.35.131.157
addnode=110.5.33.154
addnode=114.186.49.245
addnode=118.240.131.9
addnode=240d:1a:1af:a200:d950:abe6:259:59e
addnode=58.5.119.192
addnode=118.105.43.249
addnode=122.22.236.224
addnode=2a02:a441:dc6e:1:45eb:c69b:11ec:dd44
addnode=203.88.185.77
addnode=82.16.192.212
addnode=111.239.76.101
addnode=139.20.162.102
addnode=115.69.237.70
addnode=221.189.91.74
addnode=65.112.8.78
addnode=240d:1a:546:c000:8c5:9fde:a49:1d65
addnode=182.169.184.99

4.再びsafetradecoin-qt.exeを実行し、とにかく同期が完了するまで待つ!
画面から未同期の警告メッセージが消えても余裕をもって待つ!
ウォレットの「ヘルプ」「デバッグウインドウ」を開いて

getinfo

コマンドで表示された一覧のblocksの数字がずっと同じorしばらくして1しか
増えなかったら同期完了です。

5.ファイル→ウォレットのバックアップでファイル名を wallet.dat として保存し、
無くさないよう、消さないよう、漏洩しないよう、大事に保存してください。

6.「コインを受け取る」でアドレス文字列を右クリック→アドレスをコピー。
このアドレスに対して取引所から送金してください。
(CoinExchangeの場合は送金後にメール認証があります)。

無事に着金したら、後はひたすら待ちましょう。

100万枚で1回目のステークに13時間以上かかったのですから、
それより少ないと、さらに待ち時間は長くなります(今は競争相手も増えてますし)。
ちなみに100枚しか入れなかった場合、推定ステーク周期は5年に1回です。

ではPOS沼に突っ込んでしまった皆様、今後ともヨロシク。

XSTCでPOSにチャレンジ” への1件のコメント

  1. ピンバック: XSTCのPOS進捗 | Irregular child 2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です