暴落した今こそチンコインマスターノード!

askmona.org : TINCOIN作ったよ (オリジナルスレッド)

Stocks exchange : TIN/BTC

コイン公開直後は大量のマイナー達が突撃して
「GPU9枚使っても1日10枚も掘れない」
という地獄のような競争率だったものの作者の手を離れた後に
草コインの暴落に巻き込まれて急降下で、わずか数日で価値が10分の1…

別の意味でマイナー全員地獄送りになってしまったわけですが、
今は3万円程度でマスターノードが立つ激安物件になっております。
このまま墜落して死ぬリスクもありますが、チャレンジャーな人には
オススメでございまする。

ちなみにsentinelの設定が必要なので(ウチが試した限りでは)
Desireのマスターノードとの同居は出来なさそうです。
この辺のChaincoinあたりの記事を参考に基礎環境をVPSに組んでから

git clone https://github.com/tincoinpay/tincoin
./autogen.sh
./configure
make
make -install
でシステム構築。
tincoind -daemon
tincoind stop
nano ~/.tincoincore/tincoin.conf

で下記内容を記述
rpcuser=username
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
daemon=1
listen=1
server=1
rpcport=9858

保存して再び
tincoind -daemon
tincoin-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

取得したアドレスxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxに1000TINを一発で送り
privkeyを取得
tincoin-cli masternode genkey
gggggggggggggggggggggggggg

再びconfエディト
nano ~/.tincoincore/tincoin.conf

先ほどの内容に下記3行を追記
masternode=1
masternodeprivkey=privkeyの内容ggggggggggg…
externalip=VPSのIPアドレス

TXID取得する
tincoin-cli masternode outputs
“aaaaaaaaaaaaaaaa” : “x”
aaaaaaaaaaaaaaaaの部分の羅列と、xの箇所に入る数字(インデックス値)を控える。

さらにmasternode.conf修正
nano ~/.tincoincore/masternode.conf

下記1行を追記(必ず項目毎に1文字スペース空けて)
mn1 127.0.0.1:9859 gggggggggggggggggggggggggg aaaaaaaaaaaaaaaa x

追記する1行の意味は下記の通り。
mn1(名前)
127.0.0.1:9859 (自己IPアドレスとポート番号)
ggggggggggggggggggggg (マスターノードprivkey)
aaaaaaaaaaaaaa (TXID)
x (インデックス値)

マスターノードモードで実行できるかテスト
tincoin-cli masternode start mn1

ここで1000TIN転送後12confirm以上経過してsuccessfulyが出ればOK。
エラーが出たらどこか記述ミスかサーバの問題です。

さらにsentinelのインストール先に移動
cd ~/.tincoincore/

ここから先はsentinelのドキュメント通りに従ってやること
https://github.com/tincoinpay/sentinel
途中を飛ばしたりすると確実に失敗するので順序を守る。
なお、sentinelを導入しておかないとマスターノードが途中で停止します。

動作チェックコマンドは下記の通り
tincoin-cli getinfo
これで
“errors”: “Warning: unknown new rules activated (versionbit 1)”
が出ても問題無い(普通)。

tincoin-cli masternode status
“status”: “Masternode successfully started”
が出ていればOK。

tincoin-cli masternodelist | grep aaaaaaaaaaaaaa
aaaaaaaaaaaaの位置にTXIDを入れて
“aaaaaaaaaaaa-x”: “ENABLED”
といった内容になっていれば成功。

もし2時間以上経過して”ENABLED”でなく”WATCHDOG_EXPIRED”の表示のままなら
Sentinelの設定をミスってるので見直してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です