協力者求む:Wiiバーチャルコンソール「リブルラブル」解析

Wiiバーチャルコンソールアーケードのラインナップには、ナムコの名作
「リブルラブル」がリリースされています。

Wii NANDをダンプして、U8展開→Title00_bin_LZ.binをDSDecmpでLZ11展開して
得たファイルに対して、毎度おなじみmamedb.comを参照して、
CRCが一致するようにROM Masqueradeで解析すると、
とりあえず下記結果が得られました。

元ROM名 検出ステータス オプション
5b.rom DetectCRC:DA7A93C2 ADR:00020700 SIZE:00004000
5c.rom CRC not found
2c.rom DetectCRC:7C09E50A ADR:00028700 SIZE:00002000
8c.rom DetectCRC:A00CD959 ADR:00000000 SIZE:00004000 Odd
10c.rom DetectCRC:09CE209B ADR:00000000 SIZE:00004000 Even
5p.rom CRC not found
9t.rom CRC not found
lr1-3.1r DetectCRC:F3EC0D07 ADR:00020000 SIZE:00000100
lr1-2.1s DetectCRC:2AE4F702 ADR:00020100 SIZE:00000100
lr1-1.1t DetectCRC:7601F208 ADR:00020200 SIZE:00000100
lr1-5.5l DetectCRC:940F5397 ADR:00020300 SIZE:00000100
lr1-6.2p DetectCRC:A6B7F850 ADR:00020400 SIZE:00000200
lr1-4.3d DetectCRC:16A9166A ADR:00020600 SIZE:00000100

ここで足りない5c.romはアドレスC000より展開されるメインプログラム後半。
5p.romはgfx1(グラフィックROM)、9t.romはgfx2(グラフィックROM2)。

ちなみにWindows版リブルラブルもエミュレータベースですが、
グラフィックROMは既にメモリ空間に展開したフォーマットになっているようで、
サウンドエミュレーションは「WAVEファイル再生」による疑似実装で
ROMイメージを得ることは出来ません。

既に基板そのものが貴重品なので破壊してROMを吸うのは非現実的です。
ここでグラフィックROMを得るアプローチとして考えられるのは…
・Win版リブルラブルのLRCHR.ROMなどをMAMEソースを元にGFX復元するコードを組む
・リブルラブルのジャンク基板をダンプし、それを見比べながらVC版をコンバートする。
のいずれかでしょうか。

とりあえず長いこと解析してみましたが、ウチの技量では基板ナシでは無理っぽいです。
この意志を誰か引き継いでくださいまし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です