CPS3エミュレータ環境をつくる

ウォーザード、ストIII、ストIII2nd、ジョジョ、ストIII3rd、ジョジョ(未来への遺産)
…というたった6本のゲームのために存在することになってしまった不遇の基板CPシステムIII。

衝撃に弱い、静電気に弱い、コントロールBOXの電力供給が不安定だと壊れる、
セキュリティカートリッジが電池切れで壊れる、修理費用が超高額

※CPS3の修理サービスは2015年3月に終了しました。

…と、どう考えても設計に問題があり過ぎるハードですがエミュ環境の構築も

1.CD-ROMの中身をコピー。
2.セキュリティカートリッジの殻を割ってSOPフラッシュ(29F400等)を剥がして
 ICソケット変換アダプタをかませてROMダンプ。

という2つのプロセスが必要で、特に2番目の手順の難易度は超デンジャー。
貴重なCPS3基板を破壊覚悟でいじるなんて、精神衛生上かなりキツイ。

ただ、このセキュリティカートリッジのフラッシュメモリを剥がした上に
取り付けることで6種全てのゲームに対応できる「SuperBios」が開発されており、
最悪フラッシュメモリを壊しても何とかなるのですが、これよくよく考えると
「エミュレータでSuperBios使えたらCDだけでプレイできるんじゃね?」

…というわけで本項はそのための手順をまとめています。

~2014.11.09追記~
「ジョジョの奇妙な冒険」「ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産」は正常動作。
「ストリートファイターIII」「ストリートファイターIII2nd」「ウォーザード」はキャラクタ化け。
というわけである意味ジョジョ専用のページです。

~2015.3.29追記~
ウォーザードの動作に成功したので後半に「ウォーザード編」を追記しました。


・用意するもの
1.CPS3のゲームソフトCD-ROM
jojo

2.SuperBIOS_for_custom_and_standard_SH2
このアーカイブに含まれる SuperBIOS_for_standard_SH2.u2 を利用します。
公開・開発元は「Breaking CPS3」という海外ハッカーサイトですが、
現行法ではこのBIOS以外はダウンロードしない方が安全です。

3.Nebula : CPS3Emulator
毎度おなじみNebulaのCPS3Emulatorを利用します。


・手順
1.SuperBIOS(SuperBIOS_for_standard_SH2.u2)のCRC値を確認する。
(2014-06-19 14:46:30版だと、CRCはCB9BD5B0でした)

2.CPS3ソフトのCD-ROMの中身をzipに圧縮(9x系は単なるビットマップなので不要)。
jojo-cd

3.これをCPS3Emulatorでロードすると不足BIOSのCRC情報が表示されるので控える。
jojoba.zipの場合は下記メッセージが表示される。
 Unable to load. FileName : 29f400.u2 Size: 524288 CRC: 4DAB19F5
 There are missing files. Load aborted

4.CPS3Emulatorの実行プログラム emulator.exe をバイナリエディタで開き、
先ほど控えたCRCのエンディアンを反転して F519AB4D で検索。
CPS3Emulator 1.0aの場合、オフセット0x300Dと0x7912にヒットするので、
SuperBIOSのエンディアン反転した値 B0D59BCB に書き換えて保存。
bios_rewrite

5.CPS3ソフトのアーカイブ(私の場合jojoba.zip)に SuperBIOS_for_standard_SH2.u2
加えて再圧縮し、CRC情報を書き換えたCPS3EmulatorからROMをロードすると…
jojo
キタ!(・∀・)
ちなみに emulator.ini の Region=3 を Region=0 にしないと英語版でブートします。


~2015.3.29追記「ウォーザード」を実行する場合~
warzard
前述の手順でウォーザードの環境を構築しても、スプライトが全く表示されず、
一切ゲームを進行することが出来ません。
しかし、下記2つの条件を満たすと実行可能になります。
・旧バージョンのFBAlphaでロードしてCRCを無視して進行する。
・SuperBIOSをウォーザード用にコンバートする

1.旧バージョンのFBAlphaについて
公式サイト(Previous Versions)から旧バージョンを入手できます。
とりあえず今回は32ビット版のラストであるversion 0.2.97.09を用いました。

2.SuperBIOSのコンバート方法について
SuperBIOS作者が異なるソフト同士を変換してセキュリティカートリッジを
共有する手法や変換プログラムを公開しており、そのコードを元に
SuperBIOS_for_standard_SH2.u2からwarzard_japan.29f400.u2を生成する
テストプログラムを組んでみました。
Download : cp3sb_cv.zip

cp3sb_cv.exeにSuperBIOS_for_standard_SH2.u2をドロップすれば、
同フォルダに warzard_japan.29f400.u2 が作られます。
ウォーザードのCDに格納されているファイル”10,30,31,40,41,50″の6つと一緒に
redearth.zip というファイル名でZIP圧縮して下さい。
※Red Earthは海外版ウォーザードのタイトル名。

あとはFBAlphaを実行し、生成されたROMフォルダに redearth.zip をコピー。
ROMロード時には War-Zard – Red Earth (Japan 961121) をセレクトします。
※CDのバージョンによっては961023じゃないとダメかも。
fbalpha

ただし、cp3sb_cvで生成しているBIOSはあくまでSuperBIOSを
ウォーザード仕様にしているだけで、実機セキュリティカートリッジの
とは内容が全く異なるため毎回CRCエラーが出ますが、エラー表示を通過すると…

warzard
エンディングは確認していませんが(※エンディングまで正常に進行しました)
画面が正常表示されるようになりました。

ちなみに、FBAlphaは「ストIIIセカンドインパクト+SuperBIOS」の組み合わせも正常に
プレイ出来たので、CPS3Emulatorと併用することでプレイ可能なゲームが増えそうです。


ついに2015年3月14日でCPS3の保守が打ち切られましたが、
自宅のCPS3セキュリティカートリッジが電池切れで死んだ人や過電流でぶっ壊した人は、
コレで復活してあげましょう。

CPS3エミュレータ環境をつくる” への1件のコメント

  1. ピンバック: SuperBIOS+FBAlphaでウォーザード動作しました | Irregular child 2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です