VPSでSENDマスターノードを立てる

C-CEX取引所がやらかしたせいでPiEXコインが壊滅しSocialSENDコインに移行したため、
急遽SENDマスターノードの立て方を。

ほぼPiEXと同じですがマスターノード実行オプションの引数が違うので注意してください。

使用VPSは毎度の「月7ドルでSSD30GB+メモリ6GBなvpsdime」です。

Discord : SocialSend -SEND-
※PiEX→SENDへの交換や最新版ウォレットのリンクは上記Discordで入手してください。

~手順~

とりあえずディレクトリを作成する。
mkdir ~/send
cd ~/send

上記ディレクトリにSFTPなどでウォレットsend-cli、senddを転送して
適切なパーミッションを設定して実行可能にしてください。

プログラムをダミー実行し即終了させる。
./sendd -daemon

※この段階でerror while loading shared libraries: libzmq.so.3が出た場合は、
apt-get install libzmq3
でlibzmq3を導入しておく

nanoでconfを修正する。
nano ~/.send/send.conf

内容は下記3行
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
rpcallowip=127.0.0.1

プログラムを再び実行
./sendd -daemon

ブロック同期完了まで待つ
watch ./send-cli getinfo

マスターノード用ウォレットアドレス作成。
ここにピッタリ6250SENDを送金する。
./send-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マスターノード用privkey生成
./send-cli masternode genkey
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

プログラム停止
./send-cli stop

nanoで再び修正
nano ~/.send/send.conf

内容は下記の通り
rpcuser=name
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
staking=1
server=1
listen=1
daemon=1
logtimestamps=1
maxconnections=256
masternode=1
masternodeprivkey=MASTERNODEGENKEY
externalip=127.0.0.1
masternodeaddr=VPS-IP-ADDRESS:50050

再びプログラム実行
~/send/sendd -daemon

マスターノード開始
~/send/send-cli masternode start local
Masternode successfully started

2017/11/29現在で既に500以上のマスターノードがあるため
ステーク頻度は結構厳しそうです。


広告エリア




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です