BTCで借りられるVPS

マスターノードの保持には仮想レンタルサーバ(VPS)が不可欠ですが、
海外送金にクレカは使いたくないしPaypalで引き落とし払いはイヤ。

「いっそのこと仮想通貨でドカンとまとめ払いできるVPSは無いものか?」

……というわけでググったら色々とヒットしたものの、
最終的に下記のVPSに手持ちのウォレットをほぼ全て移行しました。

https://www.vpsserver.com/

最小プランは月4.99ドルでCPU1コア、メモリ1GB、SSD25GB、固定IP(v4+v6)
過去に紹介したScalewayやVPSDimeよりもコスパは劣りますが、
前述の通り「BTC払いが出来る」のが利点です(※要Bitpayウォレット)。

あと、まとめて500ドル入金するとボーナスチャージされて575ドル扱い
になるっぽいので、実質4.34ドルで借りられるのも良い感じ。

また、ダッシュボードもなかなか使い勝手が良さげ。

SERVERS – MANAGERで借りたサーバごとのリビルドなどのシステム制御。
(その中にSSHログイン用のrootパスワードも格納されています)。

BILLING – ADD FUNDS – BITCOINで金額をセレクトしてBTCアイコンを
クリックするとBitpay決済画面に飛ばされるので、そこでスマホ用の
BitpayアプリでQRコードから決済すれば入金完了です。
前述の通り500ドル分一括で払うと75ドル分のCREDITSが
加算されるのでウチはとりあえず最大料金で払ってみますた。

また、ADD SERVERで2、3、4…と借りるサーバを増やすことも出来るので、
個人的には、vpsserver.comで月9.99ドルのサーバを1台借りるくらいなら
月4.99ドルの最小VPSを2台借りる方が使い勝手が良いかなと。

ちなみにUbuntu16.04でRAM1GBだとウォレット3~4個が限界ですが、
vpsserver.comはSWAPの利用OK&SSDなのでそこそこ速いです。
下記コマンドでSWAP領域を作成しておくと大体8個くらい
マスターノードを走らせても耐えられました。

・SWAP領域を2GB作成して擬似RAM3GB相当
mkdir /var/swap
dd if=/dev/zero of=/var/swap/swap0 bs=1M count=2048
chmod 600 /var/swap/swap0
mkswap /var/swap/swap0
swapon /var/swap/swap0
echo ‘/var/swap/swap0 swap swap defaults 0 0’ >> /etc/fstab

(参考moryzyun.github.io/blog)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です