DUDGXでマルチマスターノード

格安レンタルサーバVPSSERVER.COMは、SERVERS-MANAGEメニューの
NETWORK&RDNSを開くと、[ADD IPV6 IP ADDRESS]というボタンが
あるのですが、実はコレをクリックする都度に
IPv6アドレスをひとつのサーバにいくつも付与することが出来ます。
(※押すと一度サーバがシャットダウンされるので注意)

そして以前DUDGXのマスターノードを立てるで紹介したDUDGXコインは
IPv6を用いた単一サーバでの複数マスターノードの同時実行が可能でしたので、
手順をご紹介します。

ちなみに4連マスターノードを立てた時のステーク頻度は2018/10/20現在で

こんな感じ(大体1日2500DUDXくらい増殖します)。

~手順~

1.VPSSERVER.COMなどでIPv6アドレスを必要な数だけ取得する。

2.適当なWindowsマシンでDUDGX-qt.exeウォレットを実行し、
Settings→Options→WalletのEnable coin contorl featuresをチェックしてOK。

3.Recieveを開いてLabelに MN1 と入力して[Request payment]で
ウォレットアドレスを生成。
これを MN2、MN3、MN4……とマスターノードを立てたい数だけ実行。

4.生成したアドレスごとに 50000 DUDGXぴったりコインを送金。
数分してからTools→Debug consoleを開いて下記コマンドを実行。
masternode outputs

5.コインを50000枚入れたアドレスと同じ数だけtxhashとoutputidxが発行されるので、
それらを全て控えておく。

(例) アドレスが2個の場合。
“txhash” : “12341234123412341234”,
“outputidx” : 1

“txhash” : “56785678567856785678f”,

“outputidx” : 0

6.さらに下記コマンドを同じようにアドレスの数だけ実行し、こちらも全て控える。
masternode genkey
kkkkkkkkkkkkk1
masternode genkey
kkkkkkkkkkkkk2
……(個数分繰り返し)

 

7.Tools→Open masternode Configuration fileを開いて、下記の書式で行を追加
MN1 [IPv6アドレス1]:38349 genkey1 txhash1 outputidx1
MN2 [IPv6アドレス2]:38349 genkey2 txhash2 outputidx2
……(個数分増やす)
※IPv6アドレスは必ず [ ] で囲む。各要素は間に半角スペースを入れる。
(例)
MN1 [0000:1111:2222:3333:4444:5555]:38349 kkkkkkkk1 1234123412341234 1
MN2 [6666:7777:8888:9999:AAAA:BBBB:]:38349 kkkkkkk2 5678567856785678 0

8.前回の記事を参考にVPS(Ubuntu16.04)へDudgxdとDudgx-cliをダウンロード。
今回はコンフィグファイルとブロックファイルを個別設定するために
下記コマンドで ~/dudgx/cold1 に展開する。
mkdir ~/dudgx/cold1
~/dudgx/bin/Dudgxd -daemon -datadir=/root/dudgx/cold1

9.いつも通りコンフィグファイルが無いという理由で停止するので、
エディタで編集開始。
nano ~/dudgx/cold1/Dudgx.conf

中身はひとまず下記のような感じ。

rpcuser=username
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
daemon=1
listen=1
server=1
port=38349
masternode=1
masternodeprivkey=先ほど生成したgenkey1番目
masternodeaddr=[IPv6アドレス1番目]:38349
externalip=[IPv6アドレス1番目]:38349
bind=[IPv6アドレス1番目]
stakig=1

10.コンフィグを保存してからウォレットを実行。
~/dudgx/bin/Dudgxd -daemon -datadir=/root/dudgx/cold1
これでブロック同期を完了させる。

11.ブロック同期待ちの間にDUDG-qt.exeを一旦終了。
再び起動してDebug consoleで下記コマンドを実行。
startmasternode alias false MN1
これで”result” : “successful” が返ればOK。

12.VPSウォレットのブロック同期が完了したら下記コマンドを実行。
~/dudgx/bin/Dudgxd -daemon -datadir=/root/dudgx/cold1
~/dudgx/bin/Dudgx-cli -datadir=/root/dudgx/cold1 masternode start local

これで”successfully started”が返れば第1マスターノードのセットアップ完了。

Windowsウォレットの Masternodeメニューの”My Masternodes”タブにENABLEDの
マスターノードが表示されたまま何十時間も経過すれば成功。

13.cold1ディレクトリをブロックごとコピーして増殖させる。
cd ~/dudgx
cp -r cold1 cold2
cp -r cold1 cold3
cp -r cold1 cold4
……(個数分実行)

14.コンフィグ2番目からrpcportが重複しないように気をつけて設定する。
nano ~/dudgx/cold2/Dudgx.conf

rpcuser=username
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
daemon=1
listen=1
server=1
rpcport=38360
masternode=1
masternodeprivkey=先ほど生成したgenkey2番目
masternodeaddr=[IPv6アドレス2番目]:38349
externalip=[IPv6アドレス2番目]:38349
bind=[IPv6アドレス2番目]
stakig=1

※これがMN3番目なら rpcport=38361、MN4番目ならrpcport=38362…のように。

15.VPSで次のdaemonを起動する。
~/dudgx/bin/Dudgxd -daemon –datadir=/root/dudgx/cold2

16.WindowsウォレットのDebug consoleで次のマスターノード起動。
startmasternode alias false MN2

17.VPSで次のマスターノードを実行。
~/dudgx/bin/Dudgxd -daemon -datadir=/root/dudgx/cold2
~/dudgx/bin/Dudgx-cli -datadir=/root/dudgx/cold2 masternode start local

18.あとは14~17の手順を3,4,5…とMN番号の数だけひたすら繰り返して、
全てStatus ENABLED が長時間維持されれば成功。

もし途中でENABLEDが外れたりアドレス値が同じのが重複している場合は
「どこか設定が間違っている」ので見直しましょう。

DUDGXでマルチマスターノード” への1件のコメント

  1. ピンバック: DUDGXホワイトペーパー更新 | Irregular child 2nd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です