レインボーアイランドのオリジナルBGMを再び

「オリジナルBGM???」と意味を理解出来ない人も多いと思いますが、
レインボーアイランドのステージ1などに採用されている曲は、
『オズの魔法使い』の『Over the rainbow』のパクr…アレンジです。

レインボーアイランドが発売された当時は著作権云々がユルかったものの、
今の厳しい権利関係を考えると当然使えるわけもなく…。
海外版やあらゆる移植シリーズの大半はBGMが差し替えられており、
特にWii版やDS版に至っては「黒歴史」扱いという始末。

ROMがそのまま収録されている~と紹介したPC版TAITO LEGENDS 2
の前作(1)にはその完全版が収録されているらしいので
簡単にromsフォルダからROMイメージをゲットできそうですが、
「ほとんど流通していない or 売っていてもかなり高額」
という難点もあり、コレを使うのは非現実的。
レインボーアイランドの基板に至ってはプレミアが付くレベルの超高額商品。

…個人的にも諦めてましたが、それを打破出来るステキなモノがありました。
Amazon : Bubble Bobble & Rainbow Island (輸入版)
TAITO LEGENDSと開発元が同じようなのでその抜粋版のようですが、
2014年5月10日現在、中古価格が¥999+送料¥350の店もあって、
なかなかお買い得。 ※時期によってはメディアカイト版のほうが安い場合もあります。

—追記
単独パッケージで販売されているメディアカイト版レインボーアイランドにも同ファイルがあり、
先頭ヘッダの”PK”が”KP”に反転されているだけでした。
バイナリエディタで開いてそこを修正すれば下記手順でのROM抽出が可能です。
—追記ここまで

コレをインストールしたフォルダを見ると…

ココにある Rainbow.dat がROMイメージを固めたZIPファイルです。

ただし、拡張子をzipにしても部分部分に不整合データがあり展開できません。
(どちらかというと独自実装でzipヘッダ処理にバグがあるような…)。
コレについては拡張子をzipにしたうえで下記ソフトに通してリペアするとOKです。
Easy and free fix for damaged zip files

※よくよく見るとXPLOSIV版もメディアカイト版も”Rainbow.dat”の終端に
“PK”とあるべき箇所が”KP”になっていました。
どうやらココを書き換えるだけでも展開できるようになるようです。

つまりXPLOSIV版は終端の”KP”を”PK”にフッタ修正。
メディアカイト版は先頭と終端の”KP”を”PK”にヘッダ・フッタともに修正。
でOK、ということです。

リペアしたzipファイルを展開すると…
rainbow_zip
ファイル”01″~”14″を抽出できます。

RomCenterに最新版MAMEを読み込ませてROMリストを作った後、
ロムパスに rbisland フォルダを作ってそこに “01”~”14″全てを放り込むと…
romcenter
何だかダメそうな雰囲気がしますが、これを全選択→右クリック→ゲームの修正、でOK。

これでROM不足版”rbisland” (新ROM)と、”rbislando.zip”(oldverROM)が生成されます。
rbislandフォルダの中身にリネーム済みファイルがあるので全て”rbisland.zip”に圧縮し、
既に作られているoldverの “rbislando.zip “と一緒にMAMEフォルダに放り込めば…

rainbow
もちろんBGMもオリジナル版! ステキ(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です