ROM Masquerade v1.41 released

Download : ROM Masquerade v1.41 (romasque_v141.zip)
Fix “file end pointer”.
digdug
まあファイル終端を1バイト読み損ねてブルートフォースCRC解析が
失敗するバグがあったので、それを直しただけなんですけども(‘A`)

・・

そして上記バグを気づくキッカケになったのが下記ソフト。
Amazon : メディアカイトUltra2000 ディグダグ 中古¥1,190より
驚くことにインストール後の roms フォルダに入っているROMはほぼ生のまま。
しかし、mamedb.com(digdug)記載のCRCを元に解析すると…

ベースファイル 元ROM名 検出ステータス
cpu1.bin dd1a.1 DetectCRC:A80EC984 ADR:00000000 SIZE:00001000
cpu1.bin dd1a.2 DetectCRC:559F00BD ADR:00001000 SIZE:00001000
cpu1.bin dd1a.3 DetectCRC:8CBC6FE1 ADR:00002000 SIZE:00001000
cpu1.bin dd1a.4 DetectCRC:D066F830 ADR:00003000 SIZE:00001000
cpu2.bin dd1a.5 DetectCRC:6687933B ADR:00000000 SIZE:00001000
cpu2.bin dd1a.6 DetectCRC:843D857F ADR:00001000 SIZE:00001000
cpu3.bin dd1.7 DetectCRC:A41BCE72 ADR:00000000 SIZE:00001000
bg.bin dd1.15 DetectCRC:E22957C8 ADR:00001000 SIZE:00001000
bg.bin dd1.14 DetectCRC:2829EC99 ADR:00002000 SIZE:00001000
bg.bin dd1.13 DetectCRC:458499E9 ADR:00003000 SIZE:00001000
bg.bin dd1.12 DetectCRC:C58252A0 ADR:00004000 SIZE:00001000
bg.bin dd1.11 DetectCRC:7B383983 ADR:00000000 SIZE:00001000
bg.bin dd1.9 DetectCRC:F14A6FE1 ADR:00005000 SIZE:00000800
bac.bin dd1.10b DetectCRC:2CF399C2 ADR:00000000 SIZE:00001000
col.bin 136007.113 DetectCRC:4CB9DA99 ADR:00000000 SIZE:00000020
col.bin 136007.111 DetectCRC:00C7C419 ADR:00000020 SIZE:00000100
col.bin 136007.112 DetectCRC:E9B3E08E ADR:00000120 SIZE:00000100
sound.bin 136007.110 DetectCRC:7A2815B4 ADR:00000000 SIZE:00000100
???????? 136007.109 Not found (CRC 77245b66) Size 0x100 bytes

ファイルが1個足りない…(‘A`)

この 136007.109 のCRC(77245b66)をググると、パックマンやペンゴ、ラリーX、ゼビウスなど
様々なゲームにも存在している共通SOUNDファイルと判明。

とりあえずそれらでエミュレータ移植されている作品を探してみよう…。

~追記~
メディアカイト版ディグダグはどうやらMAME最新バージョンでは表記の消えた
ROMSET “digdugb”のようです。
上記の抽出可能なファイル一式をまとめて digdugb.zip に圧縮し、
MAME v0.79などで開けば一応はプレイ可能です。
digdugb
(旧MAMEを今更走らせるくらいなら移植版EXEでそのまま走らせたほうがマシですが)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です