再びピュアオーディオ狙い路線

前回の記事 : オペアンプMUSES03を検証

 そんなこんなで色々と検証してきたけど、根本的にTOPPING D10にMUSES03積んで、その先に真空管アンプ積んだ時点で劣化しているわけで。
 そもそもDSDの音がデカ過ぎるのをどうにかするだけで良いのだから「パッシブボリュームコントローラ(アンプを搭載せずにボリュームを可変減衰させる機器)入れれば良いんじゃね?」という根本的な疑問を抱いたため、安価で評判の良いDouk Audioの高精度パッシブボリュームコントローラを購入。

Yahooショッピング : Douk Audio 高精度 パッシブプリアンプ ボリュームコントローラ HiFi プリアンプ ¥6,600(ポイントバック最大21%)

 結論としては「今まで何を遠回りしてたんだ俺」。
 真空管のやんわりとした温かみや見た目の格好良さは無いけれど、電源入れた瞬間から一発で最高音質を叩きだして、MUSES03の本領を発揮出来てる時点で……ねぇ。
 今からUSB-DAC TOPPING D10を買う予定の人は、一緒にこのパッシブボリュームコントローラと適当にMOGAMI2534のRCAケーブル買うだけで良いと思うよ(‘ω`;

~ 現在の環境 ~

 再生ソフト : JPLAY FEMTO 7D
 JPLAYサーバ : LattePanda Delta 432
 USB-DAC : TOPPING D10(オペアンプMUSES03×2) + ケーブルMOGAMI2534
 USBアイソレータ : Hifime High-Speed USB Isolator
 ヘッドホン : SONY MDR-M1ST + ケーブルMUC-S30UM1 + Hosa YPR-257変換
 パッシブボリュームコントローラ : Douk Audio Passive Preamp HIFI版

 たぶん普通の人は、TOPPING D10+MUSES03+パッシブコントローラ+まともなUSBケーブルでPC繋いで、SONY MDR-M1ST+YPR-257を繋ぐだけで異次元の高音質を体験できると思う(・ω・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です