マーケティング活動の重要性

昨日アップした記事
クリエイター向けトークン『ACC』に投資してみるよ!→ちょっと様子見る
の続報ですが、プレセールおよびICOへの投資を中止します。

ICOの問題性については以前より詐欺事件の多発などが指摘されてきましたが、
今回のケースは投資を募る姿勢が見られない(その資格が無い)
というのが最大の問題点でした。

改めてACCことArtist Connect Coinについて振り返り。

・ACCとは何なのか?

ACC公式サイト https://accoin-japan.jp/
世の中のあらゆる「クリエイター」を支援し、国際展開する際の妨げとなる
「日本語」「支払いシステム」の壁を取り払いグローバル化を推進するコイン。
ホワイトペーパーには
常に「日本語」という言語の壁を抱えていることが原因で、
グローバルプラットフォームから乗り遅れることが甚だしい状況です。
と記述されており、現状の日本のコンテンツ配信に疑問符を投げかけています。

また、このトークンが成功すれば、漫画家・ゲームクリエイター・プログラマなど
あらゆる人材が仮想通貨を利用して報酬を得られるシステムが完成し、
2018年のAPI利用解禁でコミックマーケットなどのイベントでの利用が可能になれば
マジで夢のコインになる可能性を秘めている。

・ACCの問題点

1.Bitcointalk(ACC PreSALEスレッド)でアナウンスをするも自発的な発言はゼロ。
質問に対しては丁寧に答えているものの対応が受動的過ぎるため、
新情報を欲するユーザの需要を満たせていない。

2.本日(2017年12月15日 午前11時00分)にプレセールが開始されたものの、
Bitcointalk、公式ツイッター、各種アナウンス媒体における告知が一切ナシ
注目していた人ですら「プレセール始まってたんですか?」と言う始末。

3.ツイッターにおいてわざとACCに関する「問題点&苦情」を長々と列挙して
長時間放置しても、それを過去ログに流すようなポジ発言も一切ナシ
なのでACCに興味をもった人が居ても投資に至る前にネガティブ発言が目に付く。

4.Bitcointalkで一日近く経過するのにACC関係者以外の発言が僅か12個。
未だに2ページ目が表示されておらず閑古鳥が鳴きまくっている

5.英語圏へのアプローチが重要であるにも関わらず
ホワイトペーパーが何故か日本語と韓国語だけ
という準備不足過ぎる謎状況。

6.その指摘に対して「12月25日までに英語版ホワイトペーパーをリリースします」
という遅すぎる対応

・一言で
運営チームがマジでクソ



・ACC運営チームは何をすべきだったのか?

運営チームの顔ぶれを見た感じ
「人を使うコトは得意でも、自分が前に立って最前線で戦えなさそうな人ばかり」
です。

まずICO出資者の財布の紐を緩めるために最低でも必要なのは次の3つ。
1.やたらフレンドリーなアナウンス
2.綺麗事だらけでムチャクチャ稼げそうな数字データ
3.TwitterやFacebookなどによるSNSでの情報拡散

他にもBOUNTY PROGRAM(報奨制度)などがあっても良いのですが、
恐ろしいことにACC運営チームはそれらを一切していません。

投資家にとってICO投資に必要なものは「頭カラッポにして送金ボタンを押す勢い」です。
その勢いを与えてもらえなければ投資できません。

ICOは「コインの魅力を最大限に伝え、その魅力に対して投資を得る」システムですから、
運営チームに課せられた最初のミッションは、
コインの完成度を高めることではなく

コインの魅力をより多くの人に伝えるコト
です。

それを果たせないというコトは、
「売り上げノルマを課せられた営業マンが売り上げ未達成」
「締め切りを決められた漫画家が締め切りを守らない」
「コミケで原稿落とす」
に等しいわけで、用は努力不足と準備不足です。

マーケティングは事前準備が全工程の80~90%を占めるほど重要ですが、
それを怠るということは、課せられたミッションの10~20%しか果たせていません。

そんな運営チームに対して、誰が投資したいと思います?
そんな連中に運営を任せて、コインが成功すると思います?


・というわけで

ACCはプレセールが終わるまでに
「プロモーションに強く、現在リアルタイムで戦っているスタッフ」
の人材を確保する必要があります。
その努力すら怠るようであればこのコインは100%失敗します。

個人的にはACCのやろうとしている事業内容やコインは魅力的ですが、
仮想通貨界隈に居る投資家を動かすノウハウが無さ過ぎです。

というか、そのやり方だと昨今のリアルビジネスでも確実にコケるというのは
ド田舎のIT業界で働く三下の営業マンな私ですら理解できるんですけど、
ホントにあんたらプロですか?

クリエイター向けトークン『ACC』に投資してみるよ!→ちょっと様子見る

グローバル展開でクリエイター系へ投資する名目の割に、開発陣営のPR能力不足と、
今後の展開視野やプロセスがかなり怪しい感じなので、ちょっとICO参加を保留します。


Artist Connect Coin公式サイト

ACCホワイトペーパー

会員登録ページ(アフィ付きゴメン)

やっと出てきたか……といった感じですが、漫画家・イラストレーター・ゲームクリエイター、
さらには歌手・ダンサー・写真家・ライブハウス・コンサートホール・ウェブデザインなどなど
あらゆるクリエイター向けに完全特化した国産ICOが出てきました。

当然ながらウチもフリーライターやらソフトウェア開発やらやってたりするわけで
このコインの恩恵を得られる対象層だったりするわけなのです。
というわけで大奮発で2ETH(今のレートだと16万円以上だよ!)を投資してみようかと。

ACCプレセール開始は日本時間で2017/12/15の正午午前11時になった?です。

moonlander2届いた!

USB接続のSCRYPT ASIC「Futurebit moonlander2」がついに届いたよ!

ばばーん!

USBハブに2本挿して720MHzモードに設定して…

8MH/sオーバー!!!

「AntMiner L3+が504MH/s出るし、8MH/sじゃ1日30円しか掘れないから絶対赤字やん」
……という野暮なツッコミをしちゃう人には不向きです。
そもそも草コインの半数以上はLitecoinソース流用のScryptコインなので、
moonlander2はそれを掘るために使うモノなのです。

ちなみにGeForce GTX1080Tiですら150W食わせてScrypt掘っても
1.5MH/s前後しか出ませぬ(・ω・)
それをたった5Wで4MH/sオーバーを叩き出すからmoonlander2の需要があるのですお。

@用法

とりあえずBitcointalk : Official FutureBit Moonlander 2 Driver and Support Threadから
FutureBit向けバッチファイル入りのbfgminerとドライバを落として導入し、
Start_Moonlander2.batをテキストエディタで加工しましょう。

もしもOmiseGo Classicを掘りたいなら…

600MHz@3MH/sモード(普通のUSB3.0ポートで動きます)
bfgminer.exe –scrypt -o stratum+tcp://173.254.192.205:4500 -u WALLETADDRESS -p x -S MLD:all –set MLD:clock=600

720MHz@4MH/sモード(1ポートあたり1Aも出ればどうにか)
bfgminer.exe –scrypt -o stratum+tcp://173.254.192.205:4500 -u WALLETADDRESS -p x -S MLD:all –set MLD:clock=720

900MHz@5MH/sモード(1ポートあたり1.5Aオーバー食うので普通のハブでは即バグります)
bfgminer.exe –scrypt -o stratum+tcp://173.254.192.205:4500 -u WALLETADDRESS -p x -S MLD:all –set MLD:clock=900

こんな感じ。
普段からccminerやcpuminerを使っている人なら楽勝で分かるはず。

これから草コインがはかどるよ!(・∀・)


とりあえず購入及び詳細情報は下記を確認してね(英文)

Bitcointalk : [ANN] FutureBit Moonlander 2: The Most Powerful and Efficient USB Stick Miner!
公式スレッド

holybitcoin.com : Batch 1! FutureBit MoonLander 2 Scrypt Miner USB Stick! IN STOCK 24 Hour Shipping!
10ドル高いけどBTC/LTC/DASH支払い対応で在庫アリ即出荷OK

eyeboot.com : Futurebit Moonlander 2 Scrypt Asic USB Miner 3-5MH/S (PRE-ORDER) BATCH 2
最安値でPaypal払い対応だけど来年2月まで待てる人向け

草コイナー支援ツールsolofe

見た目はこんな感じ。

Download : Solofe_v1.20.zip (2017/12/16 updated)

はじめに
Bitcointalkの Announcements (Altcoins)フォーラムでは毎日数種類の
新たな仮想通貨のアナウンスが行われ、掲示板利用者は我先にと
それの採掘を競い合っています。

偶然アクセスした瞬間、アラート機能が検知するよりも早く
「リプライ0、閲覧者0」という奇跡のようなコインが見つかった時、
そこですべき行動は…
世界の誰よりも速くファーストブロックを掘り抜くこと!!!!!!

というわけでsolofeはそれを狙うための支援ツールです。
(既存のコインを掘る時にも一応使えないことはないですが)。

@使い方(ほぼ同梱のマニュアルと同じ)
下記のいずれかの操作でSolfeはQTウォレットを解析します。
1.solofe.exeにQTウォレットを引数で渡す。
2.solofeを開いて[Open QT Wallet]でQTウォレットを開く。
3.QT Wallet pathにフルパスを手入力して[Analyze]ボタンを押す。
※実はQTじゃなくてもコンソール型でもいけるんですが。

これでウォレットプログラムを解析し
「デフォルトのデータフォルダ名」「confファイル名」
の2つを取得します。
例えばdesire-qt.exeを解析した場合は下記の結果が得られます。

DataFolder Name : DesireCore
ConfigFile Name : desire.conf
Config Data path : c:\Users\ユーザ名\Appdata\Roaming\DesireCore\desire.conf

また、環境にあわせて下記4つのパラメータを修正して
[<< Update Config]ボタンを押してコンフィグ内容を編集してください。

UserName マイナーで指定する-uのユーザ名
PassWord マイナーで指定する-pのパスワード
RPC Port ウォレットが利用する通信ポート
AllowIP アクセス許可 ※もしウォレット起動時にエラーが出たら0.0.0.0/24を使う

この状態で[Create Config (***overwrite!!)]ボタンをクリックすると、
Config Data pathのコンフィグファイルに対してエディタ枠に書かれた
コンフィグ内容を上書きします。

[Wallet Start]ボタンを押してウォレットを開始して正常に起動すればOKです。
正常にコンフィグが適用されていることを確認するためにわざと
コンフィグ編集枠に「aaaaaaaaaaaaa」などの無意味な文字列を入れて
起動エラーを起こすテクニックもアリです。

@テストマイニング
PCのファイアウォール設定などが正しく行われていれば、
先ほど[Wallet Start]で起動したウォレットのポートが外部からの
コマンドを受け付け可能になっているはずです。

solofe.exeと同じフォルダに ccminer.exe と cpuminer.exe を
置いた状態でTest Mining Areaの下記3つのパラメータをセットします。

MinerProgram 後述のSetボタンで自動設定されるので普通は触らない
(ccminer-x64など調整が必要な場合のみ)
Algo skunk、cryptonight、neoscryptなど適切なアルゴリズムを選択する。
対応アルゴリズムはccminer –helpコマンドなどで自分でチェックして。
TargetServer 普通は127.0.0.1で自己アクセスですがVPSをウォレットサーバとして
利用する場合などはココを適切なアドレスに修正します。

これらを設定してから[Set ccminer op]または[Set cpuminer op]ボタンをクリックして
実行コマンドを完成させてから[Test mining]ボタンをクリックすれば
ソロマイニングが始まります。

@Use -datadir=./dataオプションについて
草コイナーをやっていると%appdata%フォルダ(Appdata\Roaming\)が
草コインのデータだらけでグチャグチャになることもしばしば。
ウォレットによっては -datadir=./*** のオプションを利用することで
好きなフォルダにデータフォルダを作成できるので、もし対応ウォレットなら
このオプションを活用しましょう。
本気で最速採掘を狙うならRAMDISKを8GBほど確保しておいて、
その中でウォレット+データを走らせるのがベストです。

@最速採掘のコツ
Bitcointalkで新しい草コインが生まれた瞬間が見えた時は即座に
Windows Walletをダウンロードしてください。
落ちてくるまでの間にSolofeを起動し、アナウンスを見ながら
各種ポートやマイナーのアルゴリズムを設定しておいて
QTウォレットを起動した時点でブロック同期が終わってなくても
Test miningを1回実行してください。
ここで「ブロック同期中だから待ちやがれ!」的な英文が出れば成功。
もしエラーが返るようならブロック同期が終わる前に要因を特定できないと
その時点で敗北確定です。
ブロック同期完了と同時にソロマイニングを開始できるのが理想です。

@うまくいかないパターンについて
solofeはSHGetSpecialFolderPathA()というQTウォレットに共通して
用いられているAPIコールルーチンを元に解析していますが、
ウォレット開発者がその近辺を独自コードでいじっていると、
思いっきり誤動作します。

(例)モナコインのmonacoin-qt.exeを解析した時の挙動。

モナコインの場合は頭に付いているゴミを取り除けば良いのですが、
他にもプログラムをUPX圧縮している場合も解析に失敗します。
あくまでsolofeは支援ツールであり、最後に頼りになるのは自身の経験と勘
だということを念頭に置いておきましょう。

@さらなるスピードアップを求めて
Solofeのアーカイブに solofe.ini という設定ファイルがありますが、
実はコレが無くても普通に動きます。
ですが、コイツをフルカスタマイズすることでソロマイニングに必要な
初期設定手順を減らすことが出来ます。

USERNAME マイナーに指定する -u のユーザ名
PASSWORD マイナーに指定する -p のパスワード
RPCPORT マイナーに指定するRPCポート
ALLOWIP=0 0で”*”を、1で”0.0.0.0/24″がセットされます
MINER_PROG 基本的にはccminer.exeを指定
MINER_ALGO アルゴリズム名を指定。
ここに入れる文字はccminer -helpコマンドなどで調べる
MINER_ADDR=127.0.0.1 もしウォレットを別サーバで動かす場合はそのIPアドレスを指定
USE_DATADIR=0 1を入れるとuse -datadir~~のチェックがONになります

個人的なオススメは下記の通り。
[DEFAULT]
USERNAME=user
PASSWORD=password
RPCPORT=12345
ALLOWIP=0
MINER_PROG=ccminer.exe
MINER_ALGO=scrypt
MINER_ADDR=127.0.0.1
USE_DATADIR=1

それでは草コイナーの皆さん、頑張ってくださいませ。


solofeを使って最速採掘に成功したら投げ銭もらえると嬉しいお(・ω・)
BTC: 1AAhm8knomdn4YtYYHTSDD8BYJLA5jfin7
MONA: MBFuxMrjKZpDc6mFcHJGjjFhbURha23NnQ

VPSでSENDマスターノードを立てる

C-CEX取引所がやらかしたせいでPiEXコインが壊滅しSocialSENDコインに移行したため、
急遽SENDマスターノードの立て方を。

ほぼPiEXと同じですがマスターノード実行オプションの引数が違うので注意してください。

使用VPSは毎度の「月7ドルでSSD30GB+メモリ6GBなvpsdime」です。

Discord : SocialSend -SEND-
※PiEX→SENDへの交換や最新版ウォレットのリンクは上記Discordで入手してください。

~手順~

とりあえずディレクトリを作成する。
mkdir ~/send
cd ~/send

上記ディレクトリにSFTPなどでウォレットsend-cli、senddを転送して
適切なパーミッションを設定して実行可能にしてください。

プログラムをダミー実行し即終了させる。
./sendd -daemon

※この段階でerror while loading shared libraries: libzmq.so.3が出た場合は、
apt-get install libzmq3
でlibzmq3を導入しておく

nanoでconfを修正する。
nano ~/.send/send.conf

内容は下記3行
rpcuser=任意のユーザ名
rpcpassword=任意のパスワード
rpcallowip=127.0.0.1

プログラムを再び実行
./sendd -daemon

ブロック同期完了まで待つ
watch ./send-cli getinfo

マスターノード用ウォレットアドレス作成。
ここにピッタリ6250SENDを送金する。
./send-cli getaccountaddress MN
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

マスターノード用privkey生成
./send-cli masternode genkey
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

プログラム停止
./send-cli stop

nanoで再び修正
nano ~/.send/send.conf

内容は下記の通り
rpcuser=name
rpcpassword=password
rpcallowip=127.0.0.1
staking=1
server=1
listen=1
daemon=1
logtimestamps=1
maxconnections=256
masternode=1
masternodeprivkey=MASTERNODEGENKEY
externalip=127.0.0.1
masternodeaddr=VPS-IP-ADDRESS:50050

再びプログラム実行
~/send/sendd -daemon

マスターノード開始
~/send/send-cli masternode start local
Masternode successfully started

2017/11/29現在で既に500以上のマスターノードがあるため
ステーク頻度は結構厳しそうです。


広告エリア




Vortex AirDrop&PreSale

Bitcointalk
[ANN][ICO][Airdrop] Vortex ⚡ Credit Card | 🔥Desentralized Payment Technology 🔥

嘘か本当かは微妙なところですが
「Mastercardのプリペイドカードにアルトコイン決済システムを合体させて
 リアルでもネット通販でも買い物を出来るようにしてやるぜ!」
…みたいな感じっぽい。
現在1st AirDropの真っ最中ですが11月26日まで+70%ボーナス付きの
プレセール中なので試しに1ETH投資してみました。

似たプロジェクトとしてはmonacoあたりもありますが、
はてさてコチラはどこまで行けるかなぁ

ちなみにAirDropの参加はテレグラムの参加と公式ツイッターの参加だけなので
ハードは超低いです。
200トークン(約600円分)もらえるので応募しておいて損は無さそうにゃりよ

SwippNode V2スタート

VPSでSwippNode(スフィップノード)を立てるV2

「旧SwippチームがINNOVAに注力するためにSwippのコインを全売却して逃亡」
というクソッタレな対応をして0.1satまで暴落したSwippが新チームにより復活しました。
現在400sat前後を推移しており、0.1satで買い占めた人は
4000倍の高騰で笑いが止まらない状況
となっております。

ウチは自力で60000枚マイニングした初期メンバーなので
新マスターノードを2つ立てて様子を見ております。

HMCの現状

~ HMC(ハーベストマスタコイン)について現状報告 ~

1.さらにステークを繰り返してマスターノードは4つに増加。
2.最新バージョン60028でMN100分散で年間ROI500%に設定。
3.デッドコピーの偽コイン(HaveCoin)も出現していて結構メンドクセ。
4.CoinsMarketsなどの取引所に出てきたもののICO割れなので売らないほうがいい。
5.近々有名な取引所に出たら$1.5くらいになるんじゃね?というのが皆の見解。

といった感じ。
ウチは原本回収だけしたら後はひたすらMN増やしまくろうかと考え中。
ちなみに1つのIPで4つくらいMN走らせても大丈夫みたい。