NEKO COINエアードロップ開始

というわけで新たな新規国産トークン「NEKO COIN」のエアードロップが
5月27日正午からスタートしました。
先着500名の枠が30分で100人埋まったので恐らく今日の夜には終了します。

公式DiscordにSMS認証で参加(つまりスマホ必須)して、
MyEtherWalletなどで生成したETHアドレスを「#エアドロアドレス書き込み」の
チャンネルに貼れば申請完了です。

なお上場は今年の8~9月にCoinExchangeで開始予定だそうです。

PWRコインの将来ビジョン

前回の記事 : PWR coinが花開き始めた?

PWRコインはCryptohubのBTC立ての最低価格である
0.01sat(0.0000000001BTC)で購入可能かつ新開発チームが
フォークに成功する技術力があるというコトが証明されて
一気に買いが入ったわけですが、そもそも……
「PWRコインをリブートさせてどうしたいの?」
と思うのが当然なわけで。

5chのPWRコインスレでも当然この質問が出てましたが、
DiscordのPWRコイン公式の2018年5月17日の会話が答えです。

質問者 : The Penguin
“This look like a great coin. What are you guys trying to accomplish?”
“Payment system?”
(なかなか良さそう。んで、貴方は何を目指しているの? 決済システム?)

回答者 : DisasterFaster
”ecommerce plugin to buy/sell on websites with pwr coin”
(ウェブサイト上でPWRコインを使って電子商取引の出来るプラグイン開発)

~ 以下、考察 ~

つまりDisasterFasterの目指しているプラグインが完成すれば、
同人誌PDFや自作ソフトなどをウェブサイトで販売する時に
PWRコインによる決済が可能になる…というコトっすね。
恐らくホワイトペーパーにもその旨が書かれると思われます。

ただ、この後に0.01sat組が生き延びるのに必要な条件は
「本当にPWR決済プラグインの完成すること」
「実用レベルの完成度であること」
「実際にそれを採用したサイトが登場すること」
の3つ。
そしてPWRコインは非常に慎重に進むプロジェクトなので、
0.01sat購入組はまさに文字通り「青田買い」です。

今はまだ0.01で即座に売れる段階なので抱えるも自由、逃げるも自由。
とりあえずウチは6.8億枚を抱える方針です。

~ 2018.05.27 AM8:00追記 ~

Discordの日本人はおとなしいですが、クレクレくんと質問厨の外人が
結構多いため開発チームが「半年ROMれや!」とキレ気味です。

・ホントに2兆枚から5000億枚に減ったの? どうやって?
旧PWRコインは保有量を90億枚超えると残高がマイナスになるバグがあり、
オリジナル開発者など上位3人が2000億枚以上保有していたが、
それらを全て除去した。

・ホワイトペーパーはどんな内容になるの?
新ウェブサイト、電子商取引プラグイン開発(すげー時間かかる)、
TIPボット、後はBOTBOXやBIGCOINEX(取引所?)のようなメソッド。

たまには簡単なエアドロも良いよね

The ARAW Token

いわゆるよくある「電子決済カード用トークン」っすね。

詐欺率がクソ高いのでICOへの参加は推奨しませんが、
メアドとETHアドレス(ERC20)だけで1500枚獲得出来るので
とりあえずもらっておくが吉です。

参加は下記URLから。リファ嫌いな人は後ろ削ってくりゃれ。
https://airdrop.arawtoken.io/?code=F4BuKvQ

PWR coinが花開き始めた?

前回の記事 : 次の注目株はPWR coin (YoBit)

おさらい
「リブート直後(私が飛びついた後)に起こった出来事」

1.取引所YoBitの対応がウンコ過ぎ
「Yobitからウォレットに移動すればPOSで増やせるけど
ウォレットからYobitに二度と戻せない」
という地獄がリブート後に判明。
(2018年5月21日現在はYobitからウォレットへの移動すらNG!)

2.それが原因で取引所に戻せない大量のPWRコインが冬眠していた。

3.新たな取引所Cryptohubに上場するや否や、上記の理由で
眠っていたコインが大量に売り出された…。

一瞬にして0.01satの極太の売り板が形成され、
リブート直後に値上がりを期待してYobitで買った組は全員爆死!!
(後から買った人は最安で買えてホクホク)
という悲しすぎるオチだったわけですが、新開発チームは着実に
PWRコインのバグ修正・改良・フォークを実施しました。

2018年5月21日現在(リブートから3ヶ月半経過)の状況は…

4.フォークにより旧ノードを切断しコイン発行枚数を5000億枚に。

5.POS報酬を大幅ダウン&新たにNIST5アルゴリズムによる
POWマイニングを実装。

6.外国人投資家や5chの皆が0.01satの売り板を吹き飛ばし、
ついに…

0.01satの買い5.8億に到達!( ゚´Д`゜)

ちなみに今0.01satで売ってもプラスマイナスゼロなので
全く利益はありませんが
「正直買いすぎたから1000万くらいは分けてあげるかなぁ」
的な感じで優しい人が売っている様子です。

今ならギリギリ0.01sat買いは間に合うかもなので
興味ある方は1億枚くらい買っておくと幸せになれるかも(・ω・)

&PWRコインスレ2の>>484乙。

草コイナーの嗅覚によるクソコイン判別法

今までdiscordで色んな開発者と話してきましたが
「コレは面白そうだから成功すると良いなー」が当たる確率は
結構低いものの

「コイツは詐欺師だな-」
「コイツは逃げそうな気がするなー」
「コイツは根っからのウンコだなー」
「コイツは絶対失敗するだろうなー」

的な感覚は、ほぼ確実に当たってる気がします。
というわけで次の条件を満たすICOとか上場コインには
手を出さないようにしませう(短期トレード組は除く)。

1.公式サイト無し
情報発信はtelegramとdiscordのみ!
……ってハナから逃げる気満々なので関わっちゃダメです。

2.公式サイトに開発チームメンバーのリストが無い
メンバーの名前出せない時点で後ろめたさ全開。
大抵はマスターノード販売とかプレセール収益を手にしたら
そのままドロンするか、上場後に値上がりしたところを
投資家に売り浴びせてドロンです。

3.Twitter/Facebookの更新が何週間もストップ
下手するとプロジェクトメンバーが開発者1人で手一杯!
みたいな状況だったりするので、例え詐欺でなくとも回避すべき。

4.Discord/Telegramの開発チームメンバーがほぼオフライン
やる気なさすぎ。

5.Discordでチームメンバー同士の雑談が無い
コミュニティマネージャーしか喋らないヤツは大抵怪しいです。
チームメンバー同士が晩飯の話とかしてる方が信頼できる。

6.やたら言い訳が多い
Q.メンバーリスト載せないの?
A.無くても成功するさ!
Q.Twitter更新したほうがよくね?
A.忙しいから無理。開発に注力したいのさ。
Q.Discordで開発者全員無言ってヤバくね?
A.よく喋って結果を出さないより、無言で結果出すほうがクールだろ?

大抵こういう返事するメンバーが居るプロジェクトはスキャムです。
関わるのをさっさと止めて逃げましょう。

7.「儲かる」とか「ムーーン!」とかカネの話ばかり
論外。

8.コミュニティ主導で皆で作っていきましょう!的な売り文句
開発者に将来的なビジョンが無いので、大抵逃亡します。
しかも開発者が鍵を持ったまま逃げて残されたコミュニティも
死ぬので結局全員死ぬ。

・・

それらを踏まえるとアルトコインはほぼ全滅!
……まあ、エアドロだけもらい続けるのが一番堅実よ。
後は欲しいコインは自分で掘るとか。

ついにGTX1080Tiが8万円台…

NTT-X Store : ビデオカード ZT-P10810B-10BB ¥89,800

今更GPUマイニング用に買うのはナンセンスですが、
安くなっちゃったなぁ…

MotaCoinに注目中

Bitcointalk公式トピック
[ANNOUNCEMENT][ICO]–MOTACOIN–LOS ANGELES BASED
MARIJUANA DIGITAL CURRENCY

Bitcointalk : MotaCoin日本語トピック

TradeSatoshi : MOTA-BTC取引所

CANN、HEMP、DOPEなど大乱戦なマリファナコインの新参~
…というわけで勝算があるかどうかは未知数なので投資するには
デンジャーですが、Baikal Giant+で掘れるX13アルゴ系で
唯一面白いので注目しております。

~ 大前提 ~

日本国内は戦後にGHQの指示で大麻が違法化されているので、
このコインが実用化する可能性はほぼゼロです。
いくつかの国および米国の特定の州で合法化されている薬局購入の
大麻向けの特定用途コインのため、ETHやBCHのように
ポストBTC的な立ち位置になることはありえません。
まだ実用化に達していないため全力投資するのは危険です。

・・

というわけでMotaの特徴を。

1.Mota加盟店へのコイン提供
MotaCoinチーム曰く「リップルやステラを参考にした方式」。
店の協賛内容に応じて25,000~100,000Mota(今日現在で最大50万円相当)を
提供し「最初の2年間は保有コイン数の5%以上売却禁止」という条件で
運用してもらうとのこと。

恐らく年利12%のPOSはそのリスクを低減させつつ、医院が
投資家に対して売り浴びせることを防ぐ事が目的と思われます。

2.営業戦略エリアが合法地帯のド真ん中
weedmaps
開発チームがロサンゼルスにある(らしい)ので上記エリアに
2018年2Qに加盟店募集の営業を仕掛ける予定になっているとのこと。

また、ASICを保有していない人が手軽にMotaCoinを入手出来るように
するため、同2018年2QにICOセールも行う予定。

~9月末までの事業計画~

1.モバイルアプリ(iOS + Android)提供
まあよくあるお話。

2.ペーパーウォレット生成機能を公式サイトに実装
これもまあよくあるお話。

3.ICOセール
前述の通りっすね。

4.ロサンゼルスの大麻取扱医院への営業活動
これも前述の通り。

なので2018年9月末までのMotaCoinの事業において、
営業活動によって加盟店の開拓に成功すれば勝ち。
全く協力が得られなかったらその時点でゲームオーバーですね。

普通に考えれば、もしそのような危機的状況に陥った場合は
「医院に提供したMotaは手放すの禁止だけど大麻を購入した
患者から受け取ったMotaは即売却しても良い」という条件に
変更して、事実上のノーリスクで加盟店を増やすと予想しています。

・・

そして最大の敵であるHempCoin(THC)は既に実用化に成功して
医院でも使えるようになっているうえ、BITTREXに上場しています。
この競合相手にどう立ち向かうのか注目です。

SanDeGo Wallet 2.0.0公開

前回の記事 : 国産コインSanDeGoエアドロ中

SanDeGoは「30000ブロック以降、3の倍数ブロックのステーク2000%」が
特徴でしたが、頻繁な倍率可変が同期ズレを引き起こす事が判明したため
開発チームより下記のアナウンスがありました。

45000ブロック以降には1000ブロックごとに333ブロックのまとまった
スーパーブロックを設定します。
例としては、ブロック高が45333~45666、46333~46666、47333~47666と、
下3桁が333~666の時は2000%、それ以外は300%となります。

倍率可変を一塊にしておくことで同期ズレを防ぐ対処…というわけっすね。
当然ながら旧ウォレットではこの変動に対応出来ないため、
45000ブロック到達前に必ず最新バージョンに差し替えましょう。

ウォレット公開元 https://github.com/sandegodev/SanDeGo/releases/tag/2.0.0

奏コインAirDrop2開始

AirDrop1は根こそぎBOTに持って行かれた地獄でしたが
今回から自動化は多少難しくなっている複合型になっていました。
>>奏コインAirDrop2申請サイトを開く

必要情報は
・ERC20アドレス(MEWやJAXXのETHアドレス)を元にID発行。
・テレグラム参加とID発言。
・Twitterの引用ツイートとリツイート
・Bitcointalk参加と公式ANNでの上記申請情報の発言
・AirDrop2サイトに必要事項の記述と送信。
の5つ。
ちょっと手間はかかるけどコレで規定値+65000KANADEを入手可能です。

早くもSanDeGo実用化開始

前回の記事 : 国産コインSanDeGoエアドロ中

国内初の高利率POSコイン「SanDeGo」は今日現在で未上場ですが、
東京・池袋のハラールレストラン「マレーチャン」にて
固定レート1SDG=0.01円で仮想通貨決済が可能になりました。

5/4までのエアードロップで10万枚を受け取った方は無条件で
1000円分の金券ゲットに等しい状況なわけですが、
特に目的も無くSDGを受け取ってPOSによるステーキングを
していない都内在住の方は、いっそのことSDG決済でパッと
使ってしまうのもアリかもしれません。

詳しくは下記マレーチャン公式サイトをご確認ください。
https://www.malaychan-satu.jp/